眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

いびきの軽減・予防 部位別

旅行で友人や彼氏にバレずにいびき対策を行う方法を模索する

投稿日:

友人や彼氏・彼女と旅行に行く時、いびきを聞かれたら嫌ですよね。

相手になんて思われるかを考えると憂鬱な気持ちになってしまいます。

とはいえあからさまにいびき対策をするのも恥ずかしいもの。

どうにかバレずに対策できないか考えてみました。

誰にもバレずにいびき対策!

サプリメント

騒音ケアサプリメントという製品は聞き慣れない人も多いでしょう。

いびきは気道が狭くなることで空気が通る際に振動して音を発します。

膨らませた風船の空気を抜くと「ブゥ〜」と音がなるのと似たようなものですね。

気道が狭くなる原因は様々ですが、騒音ケアサプリメントはその気道の空気渋滞に働きかける「コエンザイムQ10」を配合している事が多いのです。

コエンザイムQ10といえば美容にも良い成分ですから、サプリメント利用者の大半は女性だとか。

サプリメントなら友達や恋人に見せても何の恥ずかしさもありません。

ピルケースに入れて「これは薬だから」と言っても信じる人が大半でしょう。

一石二鳥の騒音ケア

騒音ケアサプリ【いぶきの実】

お茶

普段は鼻呼吸が出来ている人でも、寝ている間に軟口蓋が沈下して鼻づまりのような症状になるといいます。

そのような鼻づまりに働きかける健康茶があります。

お茶なら煮出して水筒にでも入れればバレる余地がありませんよね。

好きな紅茶のティーパックを持ち歩く人もいる位ですから、いたって自然です。

飲むだけ自然にガーガー対策

イビキさよなら「えぞ式すーすー茶」はこちら

マウスピース

マウスピースは口呼吸になるのを防ぐアイテム。

口が大きく開くことで下顎が下がり気道を狭くしてしまうのです。

そこでマウスピースですが、寝る前にカポッと口に入れてしまえば見えません。

ただし旅行だと「寝落ちするまで布団に入って会話する」みたいな事もありますよね。

装着済みだと話せませんし、装着前でもタイミングを見失いそうです。

バレそうないびき対策

寝た後にやれば問題ない!と思うかもしれませんが、起きた後が問題です。

ましてや自分が一番最初に起きる保証はどこにもありません。

友人や恋人が起こしてくれた時に「顔になんか付いてるんだけど笑」となったら困りますよね。

フェイスサポーター

口が開いてしまうのを防止するサポーターです。

顎周りをぐるっと覆うような製品なので傍目から丸わかり。

「なにそれ?」と言われたら返しにくいアイテムですね。

口呼吸防止テープ

唇に貼って口呼吸を防止するテープ。

言うまでもなくバレます。

なにより一度貼ったら剥がすまで喋れません。

鼻腔拡張テープ・クリップ

鼻腔拡張テープは小鼻の所に貼り付けるテープですね。

たまにスポーツ選手が付けているのを見たことがある人も多いはず。

鼻腔拡張クリップは鼻の中に鼻腔を広げるシリコンを差し込むというもの。

ちゃんと取り出せるように鼻からピョコンと取手が出ます。

どちらも傍目にすぐバレるでしょう。

一番良いのはどの対策?

サプリメントとお茶が2強

いびき対策をモノで行おうとするとサプリメントとお茶が一番という結論です。

あとは舌が気道の方に落ちないよう横向きで眠るなどの寝姿勢対策もしておくと良いですね。

しかし、根本的な原因を特定し解決することを忘れないで下さい。

長期的にいびきが改善されないようであれば病院に行きましょう。

その上でいびき対策を並行していけば改善も早まるかもしれませんね。

【参考記事】【他人?自分?】いびきをどうにかしたい人への対策まとめ

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!
1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-いびきの軽減・予防, 部位別

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.