眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

生活習慣

【睡眠障害】ブルーライトは睡眠を妨げ生活リズムが乱れる?

更新日:

ついつい布団の中でいじってしまいがちなスマートフォン。

今や人間の生活に欠かせないアイテムとなりましたが、その一方で「ブルーライト」という光が目に悪いと言われていますよね。

そんなブルーライトは睡眠にも悪影響を及ぼすのです。

ブルーライトの基礎知識

そもそもブルーライトとは

人間の目が認識できる電磁波の領域を「可視光線波長域」といいます。

その中で、青色系の波長を持つ範囲を「ブルーライト」と言い、紫外線の近くにありますね。 bluelight

 

青系の光は目に与える負担が大きい

具体的になぜブルーライトが目に悪いのかというと、可視域では青系の光がエネルギーがあり目の負担が大きいのです。

紫外線は目の角膜や水晶体によって反射されたりと、網膜まで届くことはほぼありません。

しかし、可視光線であるブルーライトは角膜や水晶体で反射やカットをされずに通過、その結果網膜に負担をかけてしまうとのこと。

そのためブルーライトをカットする「PCメガネ」などが数多く販売されていますよね。


otch pc メガネ ブルーライトカット メガネ uv カット ファッション 眼鏡 伊達眼鏡

 

ブルーライトが及ぼす睡眠への影響

メラトニンの生成を妨害

人が眠くなるきっかけとして「メラトニン」というホルモンの分泌が欠かせません。

そのメラトニンは光の影響を大きく受けるため、日常生活でいえば昼間はほとんど活動せず、夜になり太陽の光がなくなると活発に分泌されるようになるのです。

そして人は眠気を感じ、一日を終え眠りに就くというサイクル。

地球の摂理に合わせ、人間の身体を適切に休めるためのホルモンとして毎日頑張っていますよね。

ところが、夜中にスマートフォンやパソコンに熱中していると目から入った強いエネルギーの光(ブルーライト)が邪魔してメラトニンの分泌が抑えられたり、働きが弱まってしまいます。

結果、眠気が訪れず「眠れない」まま「生活リズムの崩壊」が始まってしまいかねません。

メラトニンが正常に分泌されない場合、メラトニン自体を定期的に摂取する「メラトニン療法」などがあります。

【関連記事】昼夜逆転をメラトニンサプリで解決することはできる?

 

それでもブルーライトを浴びかねない人は

出来れば寝る前のスマートフォンやパソコンの利用は控えたいもの。

しかし、仕事などで夜遅くまでブルーライトを浴びてしまう人も少なくありません。

そんな時は「PCメガネ」の利用や、パソコン画面やスマートフォン画面に貼るタイプの「ブルーライトカットフィルム」を利用しましょう。

それが最良の手段ではありませんが、何もしない状況よりは改善が期待できます。


サンワサプライ 15.6ワイド対応ブルーライトカット液晶保護指紋反射防止フィルム LCD-156WBCAR

 

寝る前のパソコンやスマートフォンが及ぼす悪影響は光だけではありません。

もう一つの問題点は「考えてしまう」ということ。

寝る前に頭を使って考えるような作業は脳がリラックス状態へ移行するのを妨げます。

その結果寝付きが悪くなり、睡眠不足のループに陥るということも。

しかし最近では「ブルーライトの影響よりも、スマホやパソコンを使用し「脳が常に考えている状態」である事が原因である」という意見もあります。

(考えるという点においては読書・歌詞のある音楽・映画なども同様でしょう)

 

まとめ

夜は静かに過ごすためには「前倒し」が必要不可欠

夜はあまり考えることはせず、静かな夜を過ごせるように生活習慣を見直してみましょう。

そのためには一日のスタートダッシュを良くすることが大切です。

なるべく前倒しで1日のスケジュールを片付けることができれば、それだけ夜はゆっくりできます。

自分にが一番効率的でいられる生活リズムを身につけられるよう、意識してみて下さい。

参考になれば幸いです。

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-生活習慣

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.