眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

肩こり予防 部位別

マッサージ不要!肩こりでガチガチの筋肉を癒やす対策まとめ

更新日:

育児や家事、仕事で慢性的な肩こりに悩んでいませんか?

いつもマッサージに通えれば良いですが、なかなか都合が付かない人も多いハズ。

そこで、自分1人でもガチガチに凝った筋肉を癒やす方法をまとめました。

ガチガチの筋肉を癒やす対策

磁気ネックレス

ネックレスの中に強力な磁石が数センチ間隔で埋め込まれている磁気ネックレス。

磁気の力で血行を促進して筋肉の緊張をほぐします。

効果に関しては個人差があり、僕は正直あまり実感できませんでした。

メーカーはピップ、ファイテン、コラントッテなどが有名ですね。

磁気バン

身体のツボなどにゲルマニウム粒を貼り付けることで常時刺激状態を作りコリを和らげる製品。

「プチプチプチプチプチシルマ〜♪」のCMが懐かしいレダの「プチシルマ」が有名ですね。

昔からある製品なので一定の支持を得ているようです。

正式名称は一般医療機器家庭用貼付型接触粒とやたら長いですが医療機器だったとは・・・。

貼る手間はあるものの磁気ネックレスのように目立たない上に肩以外の箇所にも使えるのがポイント。

【Amazon】プチシルマ

入浴剤

毎日シャワーで済ませてはいませんか?

ガチガチに凝った筋肉はお風呂に入ればかなり楽になるでしょう。

しかし、どうせお湯に浸かるなら薬用入浴剤で更に癒やし効果を上げたいですね。

最強の肩こり入浴剤だと巷で話題のツムラ「バスハーブ」が一押しです。

【Amazon】ツムラのくすり湯バスハーブ

寝具

辛いコリには休息が1番!休息と言えば睡眠、睡眠といえば寝具です。

良質な寝具は眠りの質を高め、理想的な寝姿勢をサポートすることで疲れにくい身体を維持。

個人的に人生においてこれほど費用対効果の高いものは少ないと思いました。

他より価格帯は高めかもしれませんが、数年使う事を考えると1日あたりのコストは数十円です。

毎朝最高のコンディションで始まる心地の良い寝具環境を整えてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】【厳選】おすすめ人気枕ランキング5選と快眠枕の選び方

低周波治療器

低周波で痛みやコリに刺激を与えて治療するアイテムです。

一時期流行った腹筋を鍛えるベルトと同じような原理ですね。

2つのパッドを貼り付ければいいだけなので1人でも使えるのがポイント。

一般的なのはコード式ですが、現在はワイヤレスの製品もあります。

無線なら外出中に使うことも出来て便利ですよね。

低周波治療器はペースメーカーを使用している場合使えないので注意してください。

【Amazon】低周波治療器はこちら

温熱パット

レンジでチンして首や肩に当てる温熱パットがあります。

肩こりや首こりは筋肉の緊張による血行不良が原因ともいいますから、ピンポイントなこういう製品はありがたいですよね。

毎日湯船に浸かれない人が代わりに使うというのも良さそうです。

リーズナブルな価格ながら繰り返し使えるので他の肩こり対策と併用がおすすめ。

【Amazon】温熱パットはこちら

塗り薬・飲む薬

バンテリンやサロンパスローション・アンメルツといった液体塗り薬から、湿布がメジャーですね。

飲み薬はコリホグス・アリナミンEXが人気のようです。

湿布は血行を良くしてから貼るとより効果的とのことなので、お風呂や温熱パットとのコンボを狙っても良いでしょう。

【Amazon】肩こり薬はこちら

何から始めればいい?

続けられそうなものが1番おすすめ

肩こりの原因を突き止めて元から解決することが必要ですが、日常的なケアとしては続けやすいモノを選びたいですね。

のび睡眠的には寝具を推したくなるのですが、睡眠前のリラックスとして入浴剤・温熱パットは優秀です。

となると湿布薬も貼りたくなりますし・・・。

個人的に以下の組み合わせを考えてみました。

  1. 入浴剤お風呂or温熱パットで血行を促進
  2. 湿布を貼る
  3. 自分に合った寝具で眠る

いかがでしょうか、参考になれば幸いです。

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-肩こり予防, 部位別

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.