眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

腰の負担軽減

ゴルフ腰痛の治し方?腰痛予防で必ず行いたい1つのこと

投稿日:

ゴルフを趣味としている方の中で腰痛に悩む人は多いものです。

「スイングが悪い」なんて意見もありますが、それ以前に意識したい事があるのをご存知でしょうか?

今回は「プロゴルファーも気にするゴルフ腰痛予防対策」を解説したいと思います。

ゴルフ腰痛予防のために行いたい1つのこと

寝返りしやすいマットレスを使う

当サイトは「睡眠」をテーマに掲げたサイトであるからこそ、ゴルフを嗜む方にも睡眠の重要性を知っていもらいたいと考えています。

NHKの人気番組「ガッテン」でも過去にこんな説明がありました。

  • 腰痛に悩んでいる人は寝返りが少ない
  • 腰痛持ちの人は身体の筋肉が硬い

すなわち「寝返りを増やすことが腰痛改善に繋がる」という番組内容だったのですね。

事実、寝返りには身体の歪みを修正する目的があると言われています。

腰痛持ちの人は極力身体を固定しようとしますが、それがかえって寝返りを妨げる可能性もあるでしょう。

そこで、寝返りを増やすために必要なことは2つです。

  1. 身体を柔らかくする
  2. 寝返りのしやすい寝具を使う

日頃ストレッチをして身体の柔軟性を高めることは大切であるとして、寝返りのしやすい寝具を使うことは意外と見落とされがちなんです。

例えばヘタって腰の部分が凹んだ敷布団や、身体が沈み込みやすいマットレス。

このような寝具では寝返りが打ちにくく回数も減ってしまうでしょう。

ストレッチは毎日意識的に行わなければいけませんが、寝具はただ取り替えるだけ。

ゴルフ腰痛を気にする方であれば最初に取り組んで損はありません。

ゴルフ腰痛予防対策としてのマットレス選び

体圧分散に優れた高反発マットレスが良い

寝返りを妨げず、身体に優しいという点で第一に考えたいのが体圧分散性です。

体圧分散とは身体の荷重を適切に分散する性能のこと。

硬すぎてもダメ、柔らかすぎてもダメという絶妙な反発力が必要なうえ、身体は部位によって荷重に差が出ます。

引用:腰痛対策マットレス【モットン】の詳細はコチラ

これらを考慮すると「体圧分散性に優れた高反発マットレス」が現状でベストな選択。

しかし、高反発マットレスであれば何でも良いか?というとそんなことはありません。

すぐにヘタレてしまうマットレスは損しかない

高反発マットレスは探せば1万円以下で買える製品もたくさんあります。

その反面、高いモノを探せば10万円を超える製品もあるのですね。

この差は何かと言うと「製品にかける全方面での品質の差」だと言えるでしょう。

  1. 耐久性の差
  2. 機能性の差
  3. 保証面の差

主に3つの差で価格が変わりますが、これら3つを満たすには相場としてシングルサイズで30,000円〜の価格帯を検討することを推奨しています。

もちろん3万円以下でも良い製品はあると思いますが、個人的にハズレも出やすい印象を受けました。

ウレタンフォームなど金属バネを含まないマットレスであれば理想的な状態を維持したまま5年程度使えれば合格ラインですね。

ゴルフ腰痛対策に人気のマットレス

ライズ K18ラテックス360

日本の寝具メーカーとして知名度が急上昇中のライズ。

スポーツだけではなく仕事や家事育児、趣味に頑張る全ての人を「ライフアスリート」と定義して機能性の高い寝具を展開しているメーカーです。

このK18ラテックス360は360°あらゆる方向からの体圧を受け止める天然ラテックスマットレス。

さらに人工芝グラウンドに使われる衝撃吸収材をアンダーマットとして使い、通気性の良さと極上の寝心地を実現しています。

ライズには他にも「スリープオアシス」「スリープマジック」という定番モデルが存在するのですが、あえて上位モデルをご紹介しました。

価格はシングルサイズで8万円と良い価格ですが、ライズの思想が十二分に反映された高品質機能性マットレスだと断言できます。

さらに詳しく

新品アウトレット品は早いもの勝ち【使えば使うほど良さを実感できる。【ライズの寝具】

腰痛対策マットレス モットン

腰痛対策マットレスとしてロングセラーを維持し続けているモットンジャパンのモットン。

個人的にモットンの良さを箇条書きで伝えるなら下記でしょうか。

  • 日本人の体型を研究した上で設計された3種類の硬さ
  • 高級感のあるシンプルなデザイン
  • 各種試験をクリアした高品質・高耐久のウレタン素材
  • 職人の作業による品質への追求

ちなみに当サイト管理人も愛用しています。

【関連記事】腰痛対策マットレスモットンを1年間使ってみた評価レビュー

さらに詳しく

モットンを1週間体験した100人の腰痛変化グラフが驚異的【腰痛対策マットレス【モットン】の詳細はコチラ

雲のやすらぎプレミアム

2013年頃から体圧分散というワードが浸透し始めて、マットレス1枚で寝る人も増えました。

しかし、日本では昔からマットレスの上に敷布団というスタイルが一般的。

「マットレスに直接寝るのはちょっと」という人に人気なのがこの「雲のやすらぎプレミアム」です。

敷布団でありながら、体圧分散性に優れるというハイブリット仕様となっているのが特徴。

その秘密は様々な素材を層構造にしている点にあり、厚みはなんと17cm。

敷布団の柔らかさを残しつつ、寝返りのしやすいニュータイプの寝具として浸透しています。

(1枚で床に敷いても底づき感がないのもポイント)

さらに詳しく

3人の整形外科医が語る腰にやさしい寝具とは?【雲のやすらぎプレミアムはこちら

ゴルフ腰痛対策に関する疑問

ゴルフ腰痛にコルセットやサポーターベルトはダメ?

ゴルフ腰痛対策としてコルセットやサポーターベルトを愛用する人もいます。

個人的に使わないよりも使ったほうが良いと思いますね。

ただし、これらの対策は「ゴルフ中の対策」であり、マットレスなどは「ゴルフ後の対策」です。

「どちらかがどちらかの代用になるという視点では見れない」ことだけ理解しておく必要があるでしょう。

また、ゴルフ中以外にコルセットを使うと筋力の低下を招くことも注意したいですね。

ゴルフ腰痛にはどんなストレッチをしたら効果的?

腰痛改善としてスタンダードなストレッチを1つご紹介します。

他にもストレッチの種類はありますが、自主的に行うものだからこそ数を増やし過ぎると継続が難しくなります。

メニューがありすぎてついつい怠けるのでは意味がありませんからね。

結論

身体のメンテナンスにも気をかけよう

ゴルフを楽しむため、より上達するためのテクニック以前に大切なことがあります。

それは「自分の身体をしっかり休められる場所を作ること」です。

仕事も趣味も「身体が資本」といいますよね。

今までおざなりにしてきた人は、いつかどこかで必ず省みる必要が出てくるでしょう。

自分の身体をしっかりと労りながら、これからもゴルフを楽しんで下さい。

参考になれば幸いです。

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!
1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-腰の負担軽減

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.