マットレス

熟睡マットレスのおすすめ選び方!1万円じゃ安すぎる?

更新日:

文句なし五つ星の高機能寝具!

1

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

2

我が家にリニューアルされたモットン枕が届いてかれこれ数ヶ月経ってしまいました。 今まで様々な枕を見てきましたが、リニューアル版のモットン枕はシンプルイズベストの頂点とも言えるクオリティです。 目次1 ...

3

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

4

日本人の体型を研究した上で「腰痛対策」となるマットレスを開発し支持を集めているモットンジャパンの高反発マットレス「モットン」 僕は2016年後半に使い始めてそろそろ1年になる位です。 そこで毎日モット ...

マットレスを変えて熟睡したい!と考える方は多いものです。

しかし、いざマットレスを探してみると「どれも良さそうだし、どれも違いがよくわからない」と悩むこともあるでしょう。

最終的に「似たようなものなら価格の安い方が良いよね!」と、安い方を選んでしまったり。

この記事では、熟睡したい人が知っておくべきマットレスの選び方について解説、最後にはおすすめの高反発マットレスもご紹介します。

熟睡マットレスの選び方と注意点

なるべく低価格ゾーンは避けて通る

マットレスって基本的に「ただの板」じゃないですか。

ものによっては三つ折りだったり、折り目の無い1枚だったり、金属コイルがあったり、表面がボコボコしてたりしてますけど。

 

どれもさほど見た目が変わらないのに寝具メーカー品になると5万10万20万で、格安品だと1万円以下もたくさん。

「なんでこんなに差があるの?寝具メーカーはぼったくってるの?」と思われても仕方がありません。

しかし、価格の高い寝具は以下のような差があるのです。

  • 材料品質が良いので耐久性が高い(長く性能を維持し続ける)
  • 見かけだけ似せたモノではないので理想的な寝姿勢を保ちやすい
  • 保証やサポートが良い(お試しや返金などの保証がある)
  • 細かい部分も手を抜いていない(カバーの縫製など)
  • メーカーやブランドがわかるからこそ所有欲が満たされる

当たり前ですが、製品に然るべき価格が付いていればそれだけ利益もあり、製品を開発・安定供給する資金になります。

 

ですが、価格優先で作られた寝具で利益を考えた場合「材料や人件費も極限までコストカットする必要」が出てきますよね。

そうなると下記のような問題が起きやすいのです。(必ず起きる訳ではありませんが)

  • 品質が悪い素材なので耐久性に劣る
  • 化学的な異臭や、保管環境によるカビ臭がする
  • 見かけだけ似せたので理想的な体圧分散性が考慮されていない
  • 保証がない
  • カバーなどの細かい部分さえもおざなりに作られている

上記の問題点はどれも「熟睡したい」という気持ちを叶えるどころか、悪影響を与えるものだと言えます。

安い製品の100%がそうだとは言いませんが、安売りメーカーだって利益を出さなければいけません。

利益がでなければ商売として成り立ちませんから、必ずしわ寄せはマットレス自体にくると考えられますよね。

 

つまり、熟睡したいがためにマットレスを買い換えるなら「安さに誘惑されてはならない」のです。

別に「高級品が一番!高級品を買ったほうがいい!」なんてことは言いません。

ですが、相場より安い低価格ゾーンは「アタリとハズレが玉石混交している要注意ゾーンでもある」のです。

当サイトではノンコイルの高反発マットレスならシングルサイズで3万円台(以降ワンサイズアップごとに+1万円)を目安に選ぶことを推奨しています。

これは実際に自分がこの価格帯のマットレスを使ってみて「ハズレが極めて少ないライン」だと思ったため。

逆にシングルサイズ10万円や20万といった製品もありますが、そこまでお金をかける必要はないと考えています。

あくまで「選びたいなら選べばいい」と思うレベル。

 

マットレストッパー(既存寝具の上に敷く寝具)はおすすめしない理由

高反発マットレスの注目度が高まると同時に、既存の敷布団やマットレスの上に敷いて使う「マットレストッパー」も数多く出てきました。

手持ちの寝具の上に敷くだけという手軽さを押し出していますが、個人的にはおすすめしません。

 

というのも「既存の寝具の状態に影響されるもの」だと考えているため。

例えばヘタって腰部分が凹んでいる敷布団にマットレストッパーを敷いても、凹みが綺麗になくなる訳ではないと思うのです。

土台がダメになってるのに、その上に「それ単体では力不足なマットレスもどき」を敷くのは誤魔化しではないでしょうか。

もちろんマットレストッパーすべてを否定したい訳ではなく、単に寝心地を変えたり通気性をプラスしたいなどの目的ならわかります。

 

とはいえ、できるなら「最初から1枚で済む状態」を目指した方が後々面倒もないわけですから。

マットレストッパーはその特徴から厚みも薄く、価格も1万5千円〜2万円前後から豊富にありお手頃です。

  • 高反発マットレスの一般的な厚み・・・8cm〜13cm程度
  • マットレストッパーの一般的な厚み・・・2cm〜5cm程度

熟睡するためのマットレス選びであるなら、しっかりと厚みのある方を選んだ方が後悔が少ないもの。

この部分も知っておかないと「床に敷いて寝るのに価格に釣られてトッパーを買ってしまい、底づきして腰が痛い」などの失敗をする人も・・・。

基本的にトッパーはそれ単体では底づきしやすいので、既存の寝具の上に〜とアピールしているのです。

 

表面のでこぼこしたマットレスにこだわりすぎない

こういう凸凹加工のあるマットレスってすごそうに思えますよね。

メーカーで言えば西川系列が得意としており「点で支える」をアピールしています。

熟睡を求める場合、視覚的にもインパクトのあるマットレスを選びたくなる気持ちもわかりますが、あまりこだわり過ぎない方がよいでしょう。

なぜなら「でこぼこ加工=熟睡できるマットレス」ではないため。

 

例えばモットンやマニフレックスのように無加工状態なのに「安心感のある寝心地と品質」を提供できているメーカーもあります。

逆に、でこぼこ加工のインパクトを利用してあたかも良いマットレスに見せかけた製品があるのもまた事実。

 

そもそもの話、でこぼこ加工がもっとも優れているなら今売られているマットレスはみんなそうなっているハズです。

この加工は「凸凹の隙間を作ることでより通気性に優れる」くらいの感覚で見た方が無難ですね。

 

 

おすすめの高反発熟睡マットレストップ5

モットンジャパン「腰痛対策マットレス モットン」

可愛らしい名前ですが、腰痛対策マットレスのパイオニア的存在でロングセラーを誇っているマットレス。

僕も愛用しているマットレスの1つであり、このマットレスを使い始めて「あ、ちゃんとした寝具ってこんなに違うんだ」という実感を得たほど。

無加工でシンプルなデザインゆえ、あまり目立たないのですが近くでみるとイメージ以上の高級感もあります。

モットンは体重に合わせた硬さの提案をしており、100N・140N・170Nの3つの硬さをラインナップしています。

もし使ってみて硬さが合わないと感じた場合、返金保証期間内かつ配送手数料3,942円で1回だけ交換可能なのもポイント。

加えて90日間の返金保証も付いているので高い買い物でも安心のサポートを充実させています。

【レビュー記事】腰痛対策マットレスモットンを1年間使ってみた口コミ評判

サイズ価格
シングル39,800円
セミダブル49,800円
ダブル59,800円

 

一番星「雲のやすらぎプレミアム」

高反発マットレス全盛のいま「マットレスに直接寝るのは・・・」という方も多いもの。

敷布団に慣れている人であれば、敷布団っぽさを求めて「雲のやすらぎプレミアム」を選ぶ人も多いですね。

見た目は綿入りの敷布団ですが、中はウレタンフォームや特殊繊維などによる体圧分散性を考慮した5層構造で厚みは17cmにも及びます。

高反発マットレスと敷布団のハイブリットとも言える製品で、この手の分野の先駆けとも言える製品ではないでしょうか。

サイズ価格
シングル39,800円
セミダブル49,800円
ダブル59,800円

 

RISE(ライズ)「スリープマジック」

スリープマジックはスポーティーなデザインと硬めの寝心地が特徴的な高反発マットレス。

メーカーであるライズは他にも「スリープオアシス」などの主力製品を有しており、いま勢いある日本の寝具メーカーの1つ。

表面はでこぼこ加工ならず「ブロック加工」がされており「硬さのなかにある柔軟性と通気性」は高品質マットレスの中では珍しいかもしれません。

【レビュー記事】ライズの高反発マットレス!スリープマジック購入レビュー

サイズ価格
シングル30,229円
セミダブル37,789円
ダブル45,349円

スリープマジックはこちら

 

magniflex(マニフレックス)「イルマーレウィング」

この中では唯一の海外メーカーであるマニフレックス。

独自素材であるエリオセルを使用した高反発マットレスで世界的に有名なイタリアの寝具メーカーです。

マニフレックスは日本仕様の寝具も数多く展開しており、かつ驚異的な長期保証がポイント。(三つ折りマットレスなら10年保証)

この「イルマーレウイング」は両面で硬さの違うエリオセルが使用されており、1枚で2つの寝心地を試せるのがメリットですね。

海外メーカーと長期保証がありながらも、リーズナブルな価格に押さえている点も高評価。

【レビュー記事】マニフレックス イルマーレウィング購入!口コミ評価レビュー

サイズ価格
シングル34,000円(税抜)
セミダブル46,000円(税抜)
ダブル58,000円(税抜)

 

昭和西川「ムアツふとん スリープスパ プラチナム」

昭和西川のハイグレードマットレスである「ムアツ スリープスパ プラチナム」

3層構造のプロファイル加工ウレタンに加え、防臭抗菌を発揮するポリジン加工側生地など、シンプルな外観ながら日本の老舗寝具メーカーらしい質実剛健な作りが特徴。

硬さの違う「ハイバウンド(柔らかめ)」と「ハード(硬め)」の2種類があり、同シリーズの枕も展開。

価格は他のメーカーと比べると1段階高めですが、西川ブランドを試してみたい方にはぜひ検討して欲しいグレードの一品です。

サイズ価格
シングル86,400円
セミダブル108,000円
ダブル129,600円

スリープスパ プラチナム一覧はこちら

 

さいごに

熟睡のためには生活習慣にも注目を

それぞれ特徴のことなるマットレスを紹介してみましたが、気になる製品はあったでしょうか?

マットレスは身体全体を支える寝具だからこそ、納得のいく1枚を見つけてほしいですね。

また、熟睡を叶えるためには寝具だけではなく、生活習慣の見直しが必要になることもあるでしょう。

夜更かしや遅くまでの飲酒、スマホやパソコンのしすぎなども睡眠の質を下げるので、注意してください。

参考になれば幸いです。

文句なし五つ星の高機能寝具!

1

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

2

我が家にリニューアルされたモットン枕が届いてかれこれ数ヶ月経ってしまいました。 今まで様々な枕を見てきましたが、リニューアル版のモットン枕はシンプルイズベストの頂点とも言えるクオリティです。 目次1 ...

3

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

4

日本人の体型を研究した上で「腰痛対策」となるマットレスを開発し支持を集めているモットンジャパンの高反発マットレス「モットン」 僕は2016年後半に使い始めてそろそろ1年になる位です。 そこで毎日モット ...

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!

PR

-マットレス

Copyright© のび睡眠 , 2019 All Rights Reserved.