眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

疲れやすい

マッサージチェアは邪魔になる?身体への投資先を考える

投稿日:

自宅にマッサージチェアを買おうか悩んでいる人は多いものです。

家電量販店などに行くとついついマッサージチェアコーナーに引き寄せられてしまいませんか。

「家で心置きなく使えたら良さそう」とも思いますが、場所を取って邪魔になることを考えると尻込みしますよね。

そこで「投資としてのマッサージチェアという選択」について考えてみました。

マッサージチェアは身体の投資となるか?

大型マッサージチェアは使わなくなる可能性が高い

メーカー品では数十万もするマッサージチェアですが、高価な割に使われなくなってくるモノでもあります。

なぜなら「いつでも使えるものは優先度が下がる」という心理的な傾向があるため。

家電量販店や健康ランドなどでお試しする時はなんとなく「時間がある&所有してない」という気持ちから座っていませんか?

いざ使うと「気持ちいいし、これ家にもあればいいなぁ〜」と思うでしょう。

でもいざ家にあると「別に今じゃなくても使えるし」と優先度が下がってしまうもの。

しだいに「モノを置いておく場所」と化してしまう話もよく耳にします。

数十万をつぎ込んでほとんど使わないとなると、もったない以外の何物でもありません。

中途半端なマッサージチェアは余計にダメ

じゃあ比較的安めのマッサージチェアならどう?と価格を下げて導入を検討する方もいます。

これもかなり損しやすいパターンで、マッサージチェアとしての性能に不満を持ちやすいのですね。

「やっぱ少し高くてもあっちにしておけばよかった」と思ったら最後、使わなくなりますから。

使わなくなったら、売るか捨てるかしたくなるでしょう。

そのとき粗大ごみとするなら廃棄料金がかかりますし、リサイクルショップも大型のモノは買い取りを渋る場合もあるのです。

そのうえ中途半端なモデルは売れても二束三文で買い叩かれてしまう可能性が大。

【マッサージチェアの中古品に注意】

昔は高額だったマッサージチェアを中古で安く買うという手段もあります。

しかし、マッサージチェアは体全体を揉みほぐせるよう可動部品が多く存在。

もしこれらが故障してしまったときに保証がないと高額な修理費用がかかることもあるのです。

また、不特定多数の人間が使っていることから皮脂汚れや髪の毛・ホコリなど衛生的な問題も抱えているでしょう。

(温泉などの施設にあるものは、その施設に方針によってはちゃんとクリーニングやメンテナンスがなされている)

大型マッサージチェアとの最適な距離感は?

個人で導入するのはあまりおすすめできません。

となると、必然的に企業や団体によって導入されたマッサージチェアを使うのが1番最適な距離感でしょう。

  • 温泉や健康ランド
  • スポーツジム
  • ネットカフェ
  • ホテル

このような場所で「たまに利用する」から心地よいのです。

 

例えば温泉に入ってそこのマッサージチェアを使う場合と、20万円のマッサージチェアを買う場合。

温泉+マッサージチェアで計500円かかると仮定するならば、前者なら温泉にも入れて約400回分にもなるのです。

もちろん他人の持ち物ですから場所も取らなければ故障とも無縁。

自分でマッサージチェアを所有したら、365日毎日使ってもまだまだ元は取れない計算になりますよね。

マッサージチェア以外で身体のためを考える

身体のために100%元が取れるモノはマットレス

ここまでの説明でマッサージチェアに興味を持っていたかたも「やっぱり邪魔だし無駄かもなぁ」と感じているのではないでしょうか。

「じゃあ買わない」という選択はアリなのですが、根本的にマッサージチェアを求めていた気持ちはどこから来ていたのでしょうか?

  • 日常的な身体の疲れがある
  • 肉体的な癒やしが欲しい

いずれにしても「自分の身体を労りたい」と考えから来ている気持ちであると言えます。

そんな方は「ぐっすり眠れていない」という悩みを持っている場合もあるでしょう。

 

「マッサージチェアの代わりに自分の身体のためになるもの」として視野を広げた時に、考えたいのがマットレスです。

プロスポーツ選手は私たちが考えられないような過酷なトレーニングを日々繰り返して記録を塗り替えていますよね。

それでもお互い同じ「人間」なのですが、なぜそこまで動けるかというと「適切な睡眠を取っているから」に他なりません。

 

彼らが寝具にも人一倍気を遣っている所からも伺えるでしょう。

また、マットレスにおいては日々欠かさずに繰り返される「睡眠」という行為に付随するものであるのがポイント。

「今日は時間ないからいいや」とか「面倒だし使わない」とは絶対になりません。

睡眠という必要不可欠な行為で自動的に使わざる得ないので、自然と継続するのが寝具の最大の強み。

 

マッサージチェアで良いモノを求めると20万は堅いですが、マットレスなら5万円前後で高品質な製品が得られます。

それでスッキリとした毎日を送れるのであれば、すごく得した気分になりますよね。

結論

身体への投資は身近な所から!

身体への投資は身の回り、身近な所から変えていくのが1番。

中でも費用対効果が抜群に良いのは寝具(マットレス・枕)なんですよね。

僕も以前は寝具に1ミリの興味もなかったのですが、総取り替えしてから毎日の調子がグッと変わりました。

この記事が参考になれば幸いです。

マットレスに興味を持った方は下記で優秀な製品をまとめているのでぜひ参考にして行って下さい。

【関連記事】人気の高反発マットレスの選び方と快眠おすすめランキング

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-疲れやすい

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.