眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

首こり予防

女神のマルシェ枕「コンタクトピロー」ってどう?口コミ印象

更新日:

セブンアンドワイが提供している通販番組「女神のマルシェ」で取り上げられているコンタクトピロー。

出演タレントさんによる「気持ちいい〜!」など若干オーバーなリアクションを見るとついつい気になってしまいますよね。

価格的にもお手頃なのですが、どんな枕なのでしょうか。(口コミも良い評価ばかりだと少し信じ難いものですし)

個人的な印象を交えながら解説していきたいと思います。

コンタクトピローの特徴おさらい

寝た時に頚椎の高さが3cmになる設計

コンタクトピローは頭を乗せた時、頚椎の高さが3cmになるようなフォルム(形状)にしているとのこと。

ちなみに首元(中央)の高さを3cm、サイド(左右)を5cmにすることで仰向けから横向き寝まで意識していますね。

サイズは幅65cm奥行き40cmと結構大きめの枕と言えます。

 

イトーヨーカード通販のオムニ7ではメーカーの所に「株式会社ディーブレス」とあります。

こちらの会社は「マリオット」という寝具シリーズなどを展開しており、その中の枕とコンタクトピローのコンセプト(中央は3cm、サイドは5cmという設計)が同じでした。

詰め物はつぶわたではなくブレスエアー(ポリエチレンファイバー)だったり形状も価格も違いますけどね。

コンタクトピローは女神のマルシェ用に別途企画したという感じではないでしょうか。

12個に区切った内部と裏表で異なる中材

枕の内部を計12個(裏と表で5:7)の部屋に分け、各中袋に詰めることで偏りを防止。

さらに裏と表で使っている詰め物が異なり寝心地の違いを出せるようになっています。

  • 表面は「プランプシード(つぶわた)」というポリエステル100%素材。
  • 裏面は「エアTOM」というポリエチレンパイプ素材

 

つぶわたは柔らかくフィット感があり、エアTOMは通気性や弾力性に優れる素材。

個人的に目新しさは感じませんでした。

 

だからこそ通販番組の「気持ちいい〜!」はやっぱりさすがにオーバーリアクション過ぎるでしょう。

まぁ、洗濯洗剤CMの「洗い上がりのタオルに顔をうずめて昇天顔のアレと現実のギャップ」程度だと思っていればなんてことありません。

 

コンタクトピローは買いなのか?

「110人中100人が納得した」という謳い文句は苦笑い

そもそもコンタクトピローは「昔から売れてた」とかそういう枕ではないはずです。

僕自身、寝具メーカーから流通系PBブランド・大手家具量販店までいろいろな枕やマットレスをリサーチしていますが、正直知らなかった。

あくまで推測でしかないものの、女神のマルシェ用の企画製品だと感じるのですね。

 

じゃあ「110人中100人が納得した」って一体なんなんだ・・・そもそも納得ってなんだ?と。

 

「この枕8,000円なんですけど、納得できますか?」って110人に聞いて回ったんですかね。

「というかなんで110人なんだ?100人中の○人の方がキリが良いじゃん」とか余計な想像ばかりが頭を巡ります。

 

それはさておき「枕として問題があるかないか」で考えると全く無問題でしょう。

実際買って使ってみて気に入っている人もいるはずです。

が「この枕に変えてみたいか?」と僕自身考えてみると、イマイチ興味が沸きません。

「8,000円」は枕マニア目線で言えば微妙な価格帯

枕なら大手家具量販店に行けば1,000円〜4,000円の範囲内で買えます。

しかし、寝具メーカーの高機能品となると大抵10,000円は超えてくるものがほとんど。

そのため僕は10,000円〜20,000円を良い枕の相場として定めています。

 

そこでコンセプトピローですが、価格が8,000円となんとも微妙な価格帯なのが気になります。

あまり知らない人からしたら少し高いと感じるけど、知ってる人からすると激安ではなく、かといって別に高くもないライン。

これは個人の感覚的に「絶妙」ではなく「微妙」なんですよね。

その理由としては先ほど書いた「この枕に変えてみたいか?」という問いかけに通じると感じます。

 

結論としては「もう数千円プラスして相場価格帯の枕を選ぶ」みたいな行動を取ると思います僕的には。

 

最後に

頚椎や首・肩のために高さにこだわるなら選択肢はまだある

コンタクトピローは中央3cmにサイド5cmという高さで理想的な寝姿勢を考慮した設計。

しかし、人の頭の形状や重さには個人差があるため「誰しもが理想的な位置を求めるのは難しいのでは?」と思うのです。

実際に高機能枕をみてみると、適切な高さを得やすい素材(ウレタン)が多くありました。

さらに「高さ調節シート」によってより理想的なポジションを探れるようにしている製品が多いですね。

たとえば僕が愛用している「めりーさんの高反発枕」はかなり細かく高さを変えられます。

後頭部が絶壁だったりすると、決められた高さの枕ではどうしても合わない可能性も出てきます。

このような個人差にも対応できる枕を選んだ方が後悔はなく、満足感も高いでしょう。

ちなみに「めりーさんの高反発枕」は12,800円。

価格差にして約5,000円ですが、これをどうのように捉えるかですね。

下記記事も参考になれば幸いです!

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-, 首こり予防

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.