眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

マットレス ライズ

スリープオアシスエントリーはおすすめ?上位モデルとの違い

投稿日:

ライズのエア系マットレス(高反発ファイバー)であるスリープオアシス。

硬質ウレタンを使用したスリープマジックと共に2大主力モデルとなっていますが、スリープオアシスには「エントリーモデル」があります。

上位モデルである「敷布団兼用マットレス」よりも1万円ほど安くなっており、違いが気になる人も多いでしょう。

ここでは両者の違いと「どちらがおすすめか?」について考えてみたいと思います。

「エントリー」と「敷布団兼用マットレス(上位モデル)」の違い

中材は同じ。違いはカバーと「腰部かため」の有無

下記の表にスペックをまとめてみました。

 スリープオアシス エントリースリープオアシス 上位モデル
製品
価格シングル:19,990円シングル:29,990円
セミダブル:24,990円セミダブル:34,990円
ダブル:29,990円ダブル:39,990円
厚みマットレス5cm マットレス5cm 
リバーシブルカバーニットメッシュ面
ハニカムメッシュ面
コットンニット面
ミクロマイクロ面 
腰部硬めなしあり

スリープオアシスエントリーの説明には「上位モデルと同じ中材」とありました。

つまりは高反発ファイバー素材なのですが「素材が同じだけなのか?それとも上位モデルと全く同じ仕様のものなのか?」が説明されていません。

マットレスの核となる中材において、エントリーモデルと上位モデルの差が無いとすれば残りはカバーくらいですよね。

つまり1万円の差は主にカバーの違いとなり「見た目を気にせず単にエア系素材がいいならエントリーモデルがお得である」という結論になります。

 

しかし、上位モデルのカバーは質感が高く「肌触り」といった面でエントリーとの差を感じられるでしょう。

どちらもリバーシブルカバー仕様ですが、エントリーはメッシュを多用しておりちょっと安っぽい作りなんですよね。(実際安いんですけど)

 

加えて上位モデルは「通常版」と「腰部硬め版」の2タイプがあります。

腰部硬めはその名の通り、ヘタリやすい腰部分を強化したものでありエントリーモデルにはない特徴。

そのため上位モデルを選ぶ場合は下記の2点があるかどうかで決まるでしょう。

  1. 「エントリーのカバーは安っぽくて嫌だ」という場合
  2. 「腰部硬め」がほしい場合

逆にこれらが無いなら、エントリーを選んだ方が良いと言えますね。

 

エントリーモデルも床や畳に1枚で使えるのか?

今後エントリーモデルの表記が変わるかもしれませんが、現状では上位モデルに「敷布団兼用マットレス」と表記されています。

そのため「エントリーモデルは床敷きできないの?」と思ってしまう方もいるでしょう。

 

エントリーモデルも上位モデルも中材の厚みは同じですし、どちらも床や畳に1枚で使えます。

底づきの心配もいりません。

 

しかし、安いからといって「マットレスパッド」を選ぶのはやめましょう。

マットレスパッドは既存のマットレスの上に敷く寝具ですから、あくまで下の寝具ありきの製品です。

マットレスパッド1枚だけを敷くような使い方は間違っており、底づきの原因にもなるでしょう。

 

スリープオアシスエントリーと他社エア系マットレスの違い

価格的にはほぼ同等、ライズは60日間保証が強い

高反発ファイバー素材を用いたマットレスはライズのみならず、様々なメーカーから出ています。

  • エアウィーブ「エアファイバー」
  • アイリスオーヤマ「エアロキューブ」
  • リテリー「ライトウェーブ」
  • 東京西川「クラウドウェーブ」
  • トゥルースリーパーセロ「ナノブリッド」
  • 東洋紡「ブレスエアー」

中でもエアウィーブはCMなどメディア露出も高く、知名度は抜群ながら高額な製品が多いです。

それ以外はどれも同程度の価格帯で並んでいますね。(シングルサイズで17,000円〜25,000円の範囲)

 

安さを求めると今までは格安日用品メーカー「アイリスオーヤマ」の「エアリーマットレス」が最適解でした。

しかし、スリープオアシスエントリーが出現した今は「安さと品質」のバランスが取れたライズにその解が移りつつあります。

 

エアウィーブのブランド感ほどではないものの、ライズマットレスも日本寝具メーカーのブランドを築き始めています。

そのうえ、公式直販サイトでの購入に限り60日間保証が付帯し始めたのもポイント。

【関連記事】エアウィーヴの類似品はどう?似てるマットレスを集めてみた

 

厚みは5cmが一般的、5cm以上は複合素材に注意

2018年9月現在でもエア系マットレスの厚みは「5cm」程度が主流です。

高反発ウレタンマットレスになると10cm厚が一般的になっている印象もあり「5cmって床敷きには薄いのでは?」と心配になることもあるでしょう。

 

しかし、エア系で5cm以上の厚みになると、下記のように「高反発ファイバー素材+その他の素材」でかさ増ししていることが多くなるのですね。

 

例えばエアウィーブでも「エアウィーヴ マットレス スマートZ シングル」という三つ折りマットレスがあります。


エアウィーヴ マットレス スマートZ シングル 三つ折り 厚さ9cm 1-151011-1

マットレス厚が9cmあるのですが、高反発ファイバー素材(エアファイバー)が使われているのはたった2.5cmだけ。

残りはポリエステルクッション材が7cmと、カバー厚によって「全体で9cm厚」となっている事情があります。

 

エア系マットレスは高反発なので5cm厚でも十分に底づきしない寝心地を得られます。

もちろん品質にもよるとは思いますが、少なくとも寝具メーカー品であれば心配は無用でしょう。

 

さいごに

買って損しないエントリーモデル

エントリーモデルと言えば何かとコストダウンされていたり、品質や性能が微妙だったりするもの。

その点、ライズのスリープオアシスエントリーはカバーの違いだけで、上位モデルと寝心地はほぼ同様といえるでしょう。

(カバーの肌触り込みの寝心地であれば差は出ますが)

ある意味「買って損しないエントリーモデル」であるため、安いながらもおすすめできる一品です。

参考になれば幸いです。

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!
1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-マットレス, ライズ

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.