眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

マットレス

畳にマットレスを直接敷くとカビやすい?事前対策を考える

投稿日:

日本の住宅や今やフローリングが一般的です。

しかし、古き良き日本を感じさせる畳もまだまだ愛好する人は多く「布団」という文化も外国人にウケているとか。

これから和室で寝ようとした時「畳部屋にそのままマットレスや敷布団を敷いたらカビてしまう?」という疑問について解説します。

畳にマットレスを直接敷くとカビてしまうのか?

毎日乾燥させられるなら心配無用

畳にマットレスを敷いたからといって1日やそこらではカビません。

直接敷いて練ることで畳とマットレスの間には大量の湿気が滞留しますが、毎朝起きて乾燥させられるなら特に問題はないでしょう。

問題があるとすれば「マットレスや布団を敷きっぱなしにする」ことです。

これを別名【万年床(まんねんどこ)】と言いますが、滞留した湿気が逃げられずジメジメした状態が続くとカビの発生に繋がるのですね。

マットレスや敷布団はどう乾燥させるべきか?

敷布団であれば昔から物干し台に干したり、バルコニーに干したりするのが一般的ですよね。

マットレスも同様に干せますが、ウレタン素材は直射日光に弱い(劣化に繋がる)のであまり敷布団と同じ扱い方は避けたいもの。

しかし、室内の風通しの良い場所に置いておくくらいで十分乾きます。

三つ折りの高反発ウレタンマットレスで厚みのあるタイプならZ字に自立させることもできるので便利ですね。

逆に敷布団の下に敷くような用途の薄くて柔らかいマットレスだと自立しないので乾燥に手間取ります。

【関連記事】ライズの高反発マットレス!スリープマジック購入レビュー

 

畳に敷きっぱなしにしたい場合のカビ対策はある?

除湿シート・マットは結局干さなければならなくなる

布団の下に敷いて湿気を吸うと言われる「除湿シート(マット)」なるものが存在します。

吸湿性の高い素材が使われているため、何もしないよりは湿気を抑えることができるでしょう。

しかし、除湿シートはブラックホールではないのでいずれ吸湿の限界が訪れます。

限界がきたら除湿シート自体を天日干しして吸った湿気を逃してあげないとならないのですね。

人間が一晩で放出する湿気って結構馬鹿にならないので「除湿シートを敷いておけばOK」とはいきません。

エア系マットレスは良さげ・・・でも畳がカビたら大変

よく上記のようなクシュクシュとした繊維で出来たマットレスを見たことはありませんか?

ポリエチレンファイバー繊維でできた高反発マットレスで当サイトでは「エア系」と呼んでいます。

これは通気性が抜群によく、水洗いもできるためカビ対策としては優秀。

僕自身、この手のマットレスをフローリング床に敷き続けて寝ていた時期もありましたが(僕の環境では)カビなかったです。

とはいえ畳は一度カビてしまうと除去が大変なので、いくらエア系マットレスといえども敷きっぱなしは控えた方が良いと思いますね。

すのこマット・すのこロールは高さに注意

「畳とマットレスの間にスノコを敷けばいいのでは?」という案もありますよね。

しかし、スノコによって得られる隙間は僅か3cm程度であり、湿気が滞留し続けるならこの程度の隙間でも普通にカビます。

さらにスノコが桐などの木材だと湿気を吸いやすいため「畳とスノコの接地面でカビる」なんて自体に見舞われる可能性もあるでしょう。

(実際にスノコ自体がカビたというレビューはたまに目にします)

 

使うならプラスチック製のスノコかつ、高さのあるモデルが一番安心であるものの「それならベッドを使うのと何が違うのか?」と疑問を呈したくなりますね。

和室(畳部屋)は布団などを押入れに仕舞って「何もない広々とした空間」を維持できるからこそ美しく見えるのだと思います。

「オシャレとかは気にしない、敷きっぱなしがいい」のなら、最初からベッドをドンと置いた方が何も考えずに済みますよ。

【関連記事】すのこベッド・すのこロールはカビ対策にならないって本当?

布団乾燥機は毎日かけられるなら結構アリ

最後に布団乾燥機ですが、これは急速に湿気を飛ばせるため意外とアリです。

最近は片手で持てるほど小さくなって使い勝手もよくなりましたね。

しかし、ウレタンマットレスの種類によっては高熱になる器具(布団乾燥機や電気毛布など)がダメなモノもあります。

加えて「毎日乾燥機をかけるのも意外と手間なのでは?」なんて思ったりもします・・・。

除湿マットと組み合わせたら意外と優秀かもしれませんね。

【関連記事】高反発マットレスに電気毛布や布団乾燥機を使っても大丈夫?

 

結論

高反発マットレスのZ干しが一番ラクチンでは

畳に布団を敷く場合、畳と敷布団の間に薄手のマットレスを敷いている人も多いと思います。

そうすると、敷布団とマットレスの2枚を手入れしないといけないので結構手間なんですよね。

高反発マットレスは敷布団などは使わずに1枚で使うことが前提ですから、敷きモノが増えずかなりシンプル。

よって干す時も楽ちんなので、当サイト的にはZ干しをおすすめしておきます。

マットレスの厚みは10cm位は欲しいですね。下記記事でも色々書いているのでぜひ参考にしてみて下さい。

1

日本の寝具メーカーとして着実に評価と知名度を獲得しているライズ東京。 当サイト運営者である僕も「スリープマジック」を愛用しており、その快適性は確かなものでした。 そんなライズがこのたび「3周年記念 大 ...

2

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

3

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-マットレス

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.