眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

いびきの軽減・予防 部位別

横向き寝でもいびきが治らない時に行いたい3つの対策

更新日:

いびきは横向きに寝ると改善されるといいますが、中には「横向き寝にしても良くならない」と頭を抱えている人も多いでしょう。

そんな方は他にどのような対策ができるのか?

まずは「ちゃんと横向き寝が出来ているか?」から考えてみたいと思います。

横向き寝でもいびきが治らない時

横向きといびきの関係をおさらい

そもそもなぜ横向きがいびきに良いと言われるのか?

それは気道が狭くなるのを防ぐから。

仰向けに眠るとのどちんこや舌の根元が重力によって落ちて気道が狭くなりやすくなります。

いびきは狭くなった気道に空気が通る際に発生するため、重力の影響を受けにくい横向きが良いと言われるのです。

逆に言えば、ちゃんと横向き寝ができているのにいびきが改善しなかった場合はそれ以外の原因を疑ってもよいでしょう。

(いびきは病気のサインとなることもあります。不摂生に心当たりがある場合は医師へ相談してみて下さい。)

横向き寝でもいびきが治らない状況を変える3つの対策

① 横向き寝が安定するように工夫する

ちゃんと横向きで眠れているか?という点も考えたいですね。

途中で寝返りを打って仰向けになってしまうなら意味がありません。

そういう時はパジャマや寝間着の背中部分にクッションなどを縫い付けると良いと言われています。

(丸めたタオルやテニスボールでも可)

要するに仰向けになってもまた横向きに戻るような工夫ですね。

 

また「横向き寝では首や肩が落ち着かない」という人もいるでしょう。

それは現在使っている枕が仰向けに楽な設計になっているから。

横向きは寝での枕の高さは仰向け時よりも少し高めの方がフィット感が良く眠りやすいです。

寝心地を良くしたい人は横向き寝に特化した枕があるのでそれを使うのもおすすめ。

【関連記事】YOKONE2が出た!横向き寝の革命枕が驚異のバージョンアップ!

② 筋肉のゆるみをケアする

年齢を重ねると身体の筋肉が衰えていきますよね。

喉周りの筋肉も例外ではなく、加齢によるゆるみで舌やのどちんこが気道側に落ちやすくなるでしょう。

この場合はコエンザイムQ10やリンゴ酸マグネシウムといった成分がゆるみをケアすると言われています。

また、日常生活では筋肉を衰えさせないよう、下記を意識して生活しましょう。

  • しっかり口を開けて話す
  • よく噛んでゆっくり食べる
  • 口の中で舌を動かす

ほとんど噛まずに飲むような人や、つい早食いしてしまう人は注意して下さい。

また、1日にほとんど喋らない人も筋肉が衰えやすいでしょう。

大きく口を開けて発声練習をしたり、舌を動かす体操を毎日行って下さい。

いびきをどうにかしたい人向けに必要成分をまとめたサプリメントも存在します。

【関連】いびきを抑える薬はない!現状はサプリがおすすめな理由

③ お茶から生活習慣(ストレス・不摂生)を改善

ストレスが溜まると自律神経が乱れることで浅い呼吸になります。

呼吸が浅いと十分な酸素を取り入れることができず、脳は酸素不足に。

起きている時は鼻呼吸を意識できても、夜は口呼吸になってしまう可能性もあるでしょう。

というのも、鼻呼吸よりも口呼吸の方が多くの酸素を取り込めるから。

大きく口を開けて呼吸をすると、下顎が下がることで気道が狭くなります。

日頃から強いストレスを受けている場合は下記の対策が必要でしょう。

  • ストレス緩和になる成分を積極的に得る
  • ストレスそのものを対処する

また、ストレスが溜まることで暴飲暴食などの不摂生につながりやすいもの。

生活習慣から肥満になることで余分な脂肪が首周りに蓄積し気道を狭めてしまいます。

日頃から運動習慣のない人は代謝も下がり特に太りやすいでしょう。

さらに「毎日晩酌をする人はアルコールによる筋肉弛緩によりいびきをかきやすい」といいます。

  • 寝る前にお酒を飲む
  • 日頃から運動をしない
  • 油っこい食事を好む
  • 食べ過ぎ・早食い

このような習慣は早めに改善していかないといけません。

 

しかし、健康的な生活にいきなり変えるのは難しい上にストレスが余計溜まります。

これは個人的な成功事例なのですが「飲み物」から健康を意識することはとても効果的でした。

具体的には毎日の飲み物を「健康茶」で置き換えていくというもの。

お茶には心をリラックスさせる作用(ストレス対策)や、体内の毒素を尿として排出する作用があります。

 

特に「いびき」に対してスースー感を得られる主なお茶は「甜茶」「クマザサ」「赤紫蘇」の3種類。

これらをピンポイントにブレンドした対策茶もあります。

毎日お茶を飲む習慣を付けることで食事を意識するようになり、食事を意識すると行動(運動や睡眠)にも影響。

「サプリメントとかはちょっと」という人にはこのようなアプローチ方法も良いでしょう。

いびき対策に飲みたいお茶

さいごに

かならずどこかに理由がある

なかなかいびきが改善されない人であっても、どこかに理由があると思っています。

「この習慣は関係ないよね」と決めつけずに、良くないと思った習慣や行動は少しづつ変えていきましょう!

いびきに悩む人が少しでも減ってくれれば幸いです。

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!
1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-いびきの軽減・予防, 部位別

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.