マットレス

予算20万円で選ぶおすすめノンコイルマットレスランキング

更新日:

滅多に買い替えることがないマットレスや敷布団。

「予算はある程度用意できるから、ずっと快適に使える高品質なマットレスが欲しい!」

そんな方へ、予算15万円~20万円付近で選べる人気のおすすめマットレス(メーカー)をご紹介。

予算20万円で選べるノンコイルマットレスの特徴

品質は申し分なし、あとは寝心地の好み

個人的にウレタンを用いた高反発マットレスは3万円台からでも高品質な製品が数多くあると実感しています。

そのため、3万円台のマットレスなら5枚も買えてしまう20万程度のノンコイルマットレスであれば、品質で後悔することはほとんどないでしょう。

あとは自身の望む寝心地(硬め or 柔らかめ etc...)を追求するのみ。

 

人によっては「20万近いマットレス1枚より、10万円や5万円のでも十分なのでは?」と考える場合もあります。

金属コイルの使われたベッド用マットレスでそれなりのものを買うなら10万円程度は予算として見ておきたいものの、ウレタンなどの素材を用いたノンコイルマットレスは高品質の目安が低めです。

また「どうせ良い寝具を買うならシングルサイズよりセミダブルやダブルがいい」という意見もありますね。

 

幅の広いセミダブルやダブルの方が1人でもゆったり眠れますし、ダブルならそもそも2人用なので余裕もたっぷり。

その代わり、サイズが上がるごとにシングルサイズよりも数万円アップします。

20万円以内で済ませる場合、シングルサイズ10万円程度の製品でセミダブルやダブルを考えるとよいでしょう。

 

予算20万円程度で選べるノンコイルマットレスランキング

参考価格はセミダブル or ダブルサイズの場合となります。

1位 イタリア最高峰「マニフレックス T75」

イタリア発の寝具ブランドである「マニフレックス」

世界的に人気があるうえ、日本でもプロアスリートを始め数々の方が愛用しているほど。

マニフレックスは独自の素材「エリオセル」を使用したノンコイルマットレスや枕などを展開しており、高品質高耐久ながら高すぎない製品が多いのも特徴。

このT75はマニフレックスのマットレスの中で最高峰といえるモデル。

ハイグレードマットレスのみに使われる「エリオセルMF」を上層に3cm、側部分には厚み18cmのエリオセルソフトを配置。

合計の厚みは23cmとボリューム感も十分です。

 

エリオセルMFは低反発ウレタンとは違い、反発力に優れていながらも身体に合わせて包み込む柔らかさが特徴。

マニフレックス最高峰の上質な寝心地がいずれのサイズも20万円付近で検討できます。

  • シングル ¥154,440
  • セミダブル ¥184,140
  • ダブル ¥213,840
  • クイーン ¥243,540

 

2位 テンピュール® オリジナル(コントゥア)スプリーム21

テンピュールといえば低反発マットレスブームの時に爆発的な人気を誇ったメーカーです。

とはいえ、高反発主流な今も人気は衰えず、低反発をうまく用いたハイクオリティな製品を展開。

現在ベッドマットレスは4タイプあり、それぞれに松竹梅形式で3つのグレードがあります。

梅にあたる「スプリーム」であればセミダブルサイズが約21万円程度で検討可能。

少し予算はオーバーしてしまうものの、ノンコイルマットレスとして満足いく選択となるでしょう。

こちらのオリジナルはテンピュールの中では硬めの寝心地とされ、スプリームは3層で構成されています。

  • S (約 W97xL195cm) ¥190,000
  • SD (約 W120xL195cm) ¥210,000
  • D (約 W140xL195cm) ¥240,000
  • Q (約 W160xL195cm)  ¥280,000

 

3位 マニフレックス フラッグFX

先ほど紹介したT75の一つ下のグレードと言えるのがこのフラッグFX。

ベッドマットレスのモデルの中では一番売れているとのことで所謂「売れ筋モデル」と言えますね。

上位グレードらしくエリオセルMFを上下に2cm用いて、中層は一般的なエリオセルで構成した総厚22cm。

T75と比較すると側生地などの質感はやはり差を感じますが、マニフレックスの寝心地を最大限に楽しめる1枚です。

  • シングル ¥ 95,040
  • セミダブル ¥ 113,142
  • ダブル ¥ 141,428
  • ワイドダブル ¥ 152,743
  • クイーン ¥ 164,057

 

4位 アイシン精機 ファインレボ  プライムマットレスJP

トヨタグループの自動車部品メーカーであるアイシン精機。

しかし、部品開発で培った技術を寝具にも応用した「ASLEEP(アスリープ)」というブランドを展開しており、寝具メーカーとしても一目置きたい存在です。

中でもアイシン精機だけのオンリーワン素材である「ファインレボ」が最大の特徴。

ゴムのようなジェルのような独特な高耐久素材が身体の動きに追従するように支えてくれます。

素材の質感は下記の動画だと詳しくわかるでしょう。

「30年耐久素材」はすごいですが、240キロで投げつけた動画はなんとも言えない感じですね。

あくまで劣化などに対する30年耐久でしょうから、純粋な衝撃でぶっ壊す系の検証とは方向性が違う気もします。

とはいえ、バラバラになることなく復元したファインレボの復元性には驚くばかりです。

価格はシングルサイズ15万円~から。

サイズも種類も豊富にあるため、細かく選べる点もよいですね。

 

5位 パラマウントベッド スマートスリープアクア

介護ベッドといえば「パラマウントベッド」と呼ばれるほどに知名度がありますよね。

1947年創業の歴史ある介護・医療ベッド・マットレスを開発販売する日本のメーカーです。

そんなパラマウントベッドが一般向けに販売している製品が「スマートスリープ」シリーズ。

医療や介護の現場を支えてきた経験から導いた3層構造だけではなく、身体の動きに追従して支えるアクアレイヤーを搭載。

ウォーターベッドなどの理論なのでしょうか、個人的に水を封じ込めた高反発マットレスを見たのはこれが初めてです。

また、サイズ展開がシングルとセミダブルを基本にそれらの「ロングサイズ」もある点は珍しいですね。

  • シングル ¥ 129,600
  • セミダブル ¥ 162,000
  • シングルロング ¥ 140,400
  • セミダブルロング ¥ 172,800

 

さいごに

ノンコイルの20万円付近は少ない

気になるマットレスはあったでしょうか?

探してみると意外と20万付近のノンコイルマットレスは少ないことに気づきます。

寝具メーカーのボリュームゾーンとしてはやはり3万円~10万円くらいに多くあるようですね。

とはいえ、どれも画像から溢れ出る質感の高さを感じます。

保障面を考慮すると10年レベルの保証をしてくれるマニフレックスとテンピュールが人気。

マットレス選びの参考になれば幸いです。

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!

ネミー渡辺が使って良かった高機能寝具

1

我が家にリニューアルされたモットン枕が届いてかれこれ数ヶ月経ってしまいました。 今まで様々な枕を見てきましたが、リニューアル版のモットン枕はシンプルイズベストの頂点とも言えるクオリティです。 目次1 ...

2

日本人の体型を研究した上で「腰痛対策」となるマットレスを開発し支持を集めているモットンジャパンの高反発マットレス「モットン」 僕は2016年後半に使い始めてそろそろ1年になる位です。 そこで毎日モット ...

-マットレス

Copyright© のび睡眠 , 2019 All Rights Reserved.