眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

マットレス 寝具

春夏秋冬年中使える赤ちゃん用ベビー布団選びのポイントは?

投稿日:

OL

赤ちゃん用の布団って季節に合った良質なものが見つからず困っていませんか。

汗かきな赤ちゃんだからこそ、より高機能な寝具が求められます。

そこで、春夏・秋冬問わずオールシーズン使える布団選びのポイントをご紹介。

赤ちゃん用布団選びのポイント

寝返りを邪魔しない軽やかさ

個人差はありますが、生後5ヶ月頃から寝返りを始める赤ちゃんが多いようです。

寝返りのしやすい敷布団・マットレスであることはもちろん、掛け布団が寝返りを邪魔しないよう軽いものが最適。

全体的に羽毛布団がおすすめですね。

 羽毛布団化繊布団
軽さ
吸湿性△(一般的なポリエステルの場合)
放湿性△(一般的なポリエステルの場合)

汗を溜めない吸湿速乾性

赤ちゃんの頃の身体は水分含有量が高いのをご存知でしょうか。

汗かきなのも私たちより多くの水分を持っているからこそ。

寝汗が逃げないような素材だと肌トラブルの1つである「あせも」にもなりやすくなるでしょう。

なによりただでさえ不完全な体温調節機能を狂わせ風邪を引いてしまいかねません。

汗ムレを抑えて快適な湿度を維持する布団を選びたいですね。

体温調節を助ける保温力

赤ちゃんは体温調節機能が完全ではありません。

それは成長途中にある自律神経によるもので、夜泣きや便秘なども自律神経が未発達のため起こると言われています。

そのため素材としては保温性・断熱性のある羽毛がおすすめ。

寝具やジャケットとして羽毛は昔からありますが、それだけ人間の体温調節に向いた素材であるということ。

少し高価ではありますが、ナイーブな赤ちゃんの身体だからこそしっかりとその役割を果たしてくれます。

デリケートな肌に優しい生地素材

赤ちゃんの肌はものすごく敏感でデリケートです。

そして1日の多くを布団の中で過ごすのもこの頃の特徴と言えますよね。

すなわち肌に優しくない生地だとストレスが溜まってしまいかねません。

また、ホコリやダニの溜まりやすい寝具では湿疹やアレルギーを誘発してしまう可能性もあります。

ホコリが出にくくダニを寄せ付けない素材に加えて、長期使用でも汚れにくいものを選びましょう

おすすめのベビー布団

ロイヤルスター®

main-img

国産羽毛90%フェザー10%の高品質羽毛布団ロイヤルスター®

羽毛布団としては唯一「日本アトピー協会」に推薦されているほど優しい布団になっています。

肌が触れる所は綿100%としっかり赤ちゃんに寄り添った作りには好感が持てますよね。

  1. 掛け布団
  2. 敷き布団
  3. まくら
  4. 掛け布団カバー
  5. 敷き布団シーツ
  6. 枕カバー

上記6点セットなのであれこれ気にしながら選ぶ必要はなく、届いてすぐ理想的な環境が完成します。

おばあちゃんやおじいちゃんから赤ちゃんへの立派なプレゼントとしても人気が高いとのこと。

確かに何かと忙しいパパママはもちろん、赤ちゃんもスヤスヤ眠れてみんなが喜べますよね。

詳しい説明は下記から

まとめ

赤ちゃんにも羽毛布団が快適

デリケートな赤ちゃんには化繊などではなく、天然の素材をメインに考えるのが良いですね。

特に寝具であれば羽毛が1番。

肌着だって綿100%の製品を選ぶ人が多いですから、寝具もそうあるのが優しいでしょう。

小さい頃からしっかりと眠ってすくすく育つためには、寝具は親の愛と同じくらいに大切です。

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-マットレス, 寝具

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.