眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

敷布団

分厚い敷布団が欲しい!布団セットと単品どちらが良いの?

更新日:

今使っている布団一式が古くなったり、引っ越しなどで買い直そうと考えている時「次は寝心地の良い分厚い敷布団がいいな」と考えている人もいるでしょう。

その場合、掛け布団や枕も付いてくる「布団セット」を選ぶべきか、敷布団のみ単品で買うべきか・・・。

後悔しない敷布団選びのポイントを解説します。

分厚い敷布団が欲しいなら単品で買うべき理由

布団セット(組布団)は品質に差が出やすい

先に結論を述べてしまうと「厚みがあってしっかりした敷布団が欲しいなら布団セットは選ばずに別々で揃えた方がよい」です。

なぜなら、布団セットは「とりあえず寝られる環境を得る目的を得る」といった傾向の製品が多いため。

寝具としてのクオリティよりも「布団セットなら一度に全部揃うし、しかも安い!」という方向性が圧倒的なのですね。

 

布団セットの中には1万円以下で敷布団・掛け布団・枕・カバー類が付いてくるものもあり、驚異的な安さです。

しかし、いざ使ってみると敷布団はペラペラだったり、枕も結構お粗末な作りだったりするもの。

これは僕自身が一人暮らしを始めた時に実際に経験したからよくわかります。(当時は寝具に興味が無かったので安さ最優先で選びました)

特に敷布団は普通に底づきする程度の薄さだったので、腰が痛くなりマットレスを買い足す羽目に。

結局長く使うことも出来ないまま捨てる事になり、それから別々に寝具を揃えるようになりました。

布団セットを買うなら寝具メーカーかつ目安は5万円程度を

「ある程度値段のする布団セットなら問題ないのでは?」と疑問を持つ方もいるでしょう。

確かに寝具メーカーの布団セットであれば高品質なものもあります。

とはいえ、品質と寝心地の良い敷布団を単品で買おうと思えばメーカーにもよりますが3万円〜5万円くらいはするもの。

高いものだと10万円を超える敷布団もある位ですからね。

 

例え3万円で敷布団・掛布団・枕という構成の布団セットでもまだ「格安布団セット」の域を抜け出してはいないでしょう。

個人的には単品で揃えるのがベストだと思いますが、どうしても布団セットにするなら5万円位は目安にしたいですね。

それくらいなら量販店の格安布団セットとは明らかに違う品質を感じられるでしょう。

布団セットを選ぶなら選択肢に入れたい2製品

こちらは2枚合わせ羽毛布団に加え、ウレタンを芯材に含めた敷布団・枕とカバーが付いた6点セット。

こちらは昭和西川の高機能マットレス(敷布団)であるムアツふとんと羽毛掛布団のセット。

枕などはありませんが、このレベルくらいなら寝心地で不満を感じることは極めて少ないと言えます。

羽毛布団も価格により品質差があるものの、昭和西川なので極端に悪いなどは考えにくいですね。(個体差はあるかもしれませんが)

 

厚い敷布団を単品で選ぶ時のポイント・注意点

見せかけのボリュームに惑わされない

予め「全ての製品がそうではない」と前置きしておいた上で「格安でボリューム推しの敷布団」には注意が必要です。

よく「安くてしっかりした感じの服だったから買ったのに、洗濯したらすぐヨレヨレになった」なんて経験ありませんか?

同様にお店で見た時はすごく魅力的な状態を保っているのに、しばらく使うと急激にダメになる奴がいます。

格安寝具は価格優先と言えど「価格なりの品質ですよ」なんて言わんばかりの見た目じゃ今は売れません。

だからこそ「この安さでこのボリューム感!」みたいなお買い得ポイントをアピールするのですが、いかんせん長続きしないのです。

確かに買った直後はボリューミーでしょうし、嘘はありません。

しかし、素材品質を落としていたり見せかけのボリューム感を演出していると割と早い段階で化けの皮が剥がれるんですよね。

予算は「○○円以内」だけではなく「○○円以上」も指定する

人は安くて魅力的なアピールを見るとつい気持ちが傾きやすいものです。

そして「この製品は安いけど意外としっかりしているかも」などなど、自分に都合良く考えてしまうのも結構”あるある”ではないでしょうか。

本当に良いモノを選びたいなら「この価格以下は見ない・探さない」という切り捨ての意識も必要です。

もちろん高ければ良い訳ではありませんが、品質的に良いものはおのずと値段がするもの。

そのため敷布団単体で選ぶなら3万円台くらいから探し始めるのがおすすめ。(最近は2万円台後半からでも気になる製品が増えました)

芯材にウレタンを用いた体圧分散敷布団を選ぶ

敷布団の詰め物と言えば綿が一般的でしたが、今はウレタンを用いた極めて高機能マットレスに近しい敷布団が増えています。

芯材にウレタンを用いているため適度な弾力があり、身体の部位ごとに理想的な荷重の分散を行ってくれるのがポイント。

ウレタンにも色々種類や品質差があるものの、耐久性や寝心地は綿だけの敷布団より格段に良いですね。

体圧分散敷布団については下記で人気の製品もまとめているので、参考にしてみて下さい。

【関連記事】腰痛におすすめの体圧分散敷布団を徹底的に探してみた

 

分厚い敷布団で人気の製品は?

17cm厚を誇る「雲のやすらぎプレミアム」が人気

布団セットではなく単品で分厚い敷布団を検討するなら、17cmの厚みを誇る「雲のやすらぎプレミアム」が一番。

17cmといえば、もはやベッドマットレスの厚み(20cm〜25cm)に近しい数値であり、他にこの厚みを持つ敷布団はほぼ皆無です。

その上、見せかけのボリューム感ではなく、高品質なウレタンや特殊繊維を5層構造で積み重ねた末の17cmですから、耐久性も抜群。

価格はシングルサイズ39,800円と一般的な敷布団よりも少しお高めですが、保証も付帯し安心感は大きいですね。

詳しい説明は公式の販売ページを参考に。

さらに詳しく

3人の整形外科医が語る腰にやさしい寝具とは?【雲のやすらぎプレミアムはこちら

 

さいごに

厚みを求めるなら高反発マットレスも視野に

どうしても敷布団がいいという理由があれば別ですが、そうでなければ高反発マットレスという選択肢もあります。

全体的に敷布団よりも厚みがありますし、ベッドはもちろん床に敷いても底づきしにくいのがメリット。

敷布団だと干すのも大変ですが、三つ折りの高反発マットレスならこういう干し方も簡単にできるので勝手が良いですよー。

当サイトでは寝具に関する記事をたくさん書いているので、下記も参考になれば幸いです。

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!

腰痛対策マットレスモットン

〜 敷布団からの乗り換えなら 〜

高反発マットレスは色々あるものの、敷布団からの買い替えなら腰痛対策マットレス【モットン】が人気。

僕も長らく愛用してますが、ヘタる様子もなくしっかり身体を支えてくれるので寝起きの調子も良好です。

【レビュー記事】腰痛対策マットレスモットンを1年間使ってみた口コミ評判

1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-敷布団

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.