敷布団

「ウレタン敷布団」って何が良いの?メリットとデメリット

更新日:

文句なし五つ星の高機能寝具!

1

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

2

我が家にリニューアルされたモットン枕が届いてかれこれ数ヶ月経ってしまいました。 今まで様々な枕を見てきましたが、リニューアル版のモットン枕はシンプルイズベストの頂点とも言えるクオリティです。 目次1 ...

3

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

4

日本人の体型を研究した上で「腰痛対策」となるマットレスを開発し支持を集めているモットンジャパンの高反発マットレス「モットン」 僕は2016年後半に使い始めてそろそろ1年になる位です。 そこで毎日モット ...

「今使っている敷布団は古くなったし、そろそろ買い換えようかな」と敷布団を探していると、一風変わった敷布団を見かけることもあります。

それは今までのように綿が詰まっているのではなく、主な詰め物として使われているのはウレタンフォーム。

「これって綿入りの敷布団より良いの?」そう疑問を持つ方へウレタン敷布団のメリットとデメリットを解説します。

ウレタン敷布団の良さがわかる3つのメリット

綿よりも理想的な体圧分散性能(寝心地の良さ)

ウレタン素材は今や寝具に欠かせない素材であり、マットレスや枕を探せば必ずウレタン製品が見つかります。

それは単なる「肌当たりの柔らかさ」だけではなく、綿素材よりも理想的なバランスの体圧分散性能を持っているから。

寝具メーカーはこぞって機能性寝具に特殊なウレタンや独自開発ウレタンを使用して究極の寝心地を追求しています。

ウレタン敷布団もまた、芯材にウレタンを使っているからこそマットレスと同等の体圧分散性能を得られるのがポイント。

「マットレスの良い所」と「敷布団の良い所」をかけ合わせたハイブリット寝具とも言えるでしょう。

普段「朝起きると腰がだるい」「寝心地がよくないのか身体が痛い」なんて悩みのある方にもおすすめできます。

しかし、ウレタンにも品質の差はあるので、ウレタンなら何でも良いという訳ではありません。

コストを抑えた低品質なウレタンだと使って間もないうちにヘタってしまうなどのトラブルも多く、ある程度品質へのこだわりが必要です。

ウレタンはダニが住み着きにくく、ホコリも少ない

綿素材はダニが住み着きやすく、特に寝具は住宅の中でもダニの生存率が圧倒的です。

ダニは人間の髪の毛や剥がれた角質・フケなども餌にするので、まさに寝具は「ダニの住みよい環境」が揃っていると言えますね。

そのため定期的にダニ対策として布団乾燥機をかけたり、天日干しする人も多いでしょう。

しかしそれも完璧ではなく、ダニの死骸が粉末となりハウスダストとして二次的な被害をもたらしてしまうこともしばしば。

そこでウレタン敷布団ですが、ウレタンは綿のようにダニが潜みやすい環境ではありません。

つまり隠れ家の大半を奪うことが可能であり、後は掛け布団やわずかな布部分(シーツなど)に頼る他なくなります。

ダニ自体を追い詰めて寄り付かせないようにするための布石として有効であり、ホコリも舞いにくくなるのでアレルギー持ちの方には特に良いでしょう。

敷布団の下に敷くマットレスは不要

敷布団もモノによっては底づきしやすく「下にマットレスを敷かないと腰が痛くなる」なんて場合もよくあります。

寝具売り場に言ってみると、敷布団の下に敷く用のマットレスが売られていることからも需要が感じられますね。

ですが、ウレタン敷布団は芯材が高反発ウレタン素材であり単体で床や畳に敷いても底づき感がありません。

今までのようにクッション用のマットレスを別途買う必要もないため、見た目もスマートになり布団の上げ下げも幾分楽になるでしょう。

 

ウレタン敷布団のデメリット

洗濯や打ち直しが出来ない

敷布団も綿の量が少ないペラペラしたものだと洗濯できます。

(逆に言えば洗濯可能な綿入り敷布団はペラペラな可能性が高いので注意して下さい)

また、昔ながらの品質の良い敷布団だと中身を打ち直して使うこともできるでしょう。

ウレタン敷布団は素材的に水洗いも出来ず、一度ヘタったら捨てる他ありません。

(ウレタン敷布団でも外側のカバーは取り外して洗濯できるものが多いです)

とはいえ、長く使い続けられる綿入り敷布団も今は少ないので、耐久性や寝心地を考えるとウレタン敷布団に軍配が上がります。

価格は3万円〜からが目安

敷布団でも今や1万円あれば買えてしまうご時世ですが、ウレタン敷布団は品質を求めるなら3万円程度が目安です。

もちろん安く買おうと思えば安い選択肢はいくらでもあります。

しかし、安さを優先して「すぐヘタって捨てる羽目になった」「ウレタンが臭くて眠れない」などのトラブルも付いてきては困りますよね。

事実、品質の悪いウレタンは化学臭がずっと取れないなど睡眠に影響を与える問題を抱えていることもあります。

ある程度の品質を求めるとそれなりの予算が必要となるのは致し方ありません。

 

高品質で人気のウレタン敷布団

マニフレックス イタリアンふとん2

イタリアが世界に誇る寝具メーカーといえばマニフレックス。

日本でも機能的な高反発マットレスメーカーとして絶大な人気を誇ります。

そんなマニフレックスは日本のライフスタイルに合わせた「おふとんタイプ」なるシリーズを展開。

敷布団のように使えてかつ寝心地の良いモデルが数多くラインナップされています。

中でも「イタリアンふとん2」という和洋折衷なネーミングのモデルが定番商品。

他にも「コスモウール」といったハイグレードでリッチなウレタン敷布団も取り揃えており、価格も比較的リーズナブル。

下記記事ではおふとんタイプのモデルを詳しく説明しているので参考にしてみて下さい。

【関連記事】マニフレックスの敷布団おふとんタイプまとめ!分析レビュー

一番星 雲のやすらぎプレミアム

日本製が良いという方には一番星の「雲のやすらぎプレミアム」が人気。

日本製でありながら、さらに日本人好みな「THE 全部入れました!」というかなりボリューム重視の設計になってます。

  1. 厚さ17cmと一般的なウレタン敷布団の2倍近いボリューム
  2. クロスクラウド製法による理想的な体圧分散性能
  3. ヘタりにくい高品質ウレタン使用
  4. ホルムアルデヒド基準クリア
  5. ロレーヌダウン使用
  6. 防ダニ・抗菌・防臭仕様
  7. 季節に合わせて快適に使える両面仕様

ざっと特徴を挙げただけでも7つくらい出てきます。

特に厚み17cmはウレタン素材と表面のダウン(春夏面は特殊繊維)の5層構造から構成されているもの。

よく格安の綿入り敷布団で「大ボリューム」を謳う製品もありますが、半年持たずにペラペラになることも。

その反面、雲のやすらぎが誇る17cmは高品質ウレタンがメインですから本当の意味でボリューミーでしょう。

 

さいごに

低反発ウレタンで苦手意識のある方にもおすすめ

昔起こった「低反発ウレタンブーム」で低反発ウレタンマットレスを買ったことがある人も多いでしょう。(僕もです)

低反発ウレタンは身体の形に沿って沈み込むのが特徴でしたが、腰や身体を痛めたり寝返りしにくいなどの低評価も多くありました。

また、気温が下がるとガチガチに硬くなるのが難点でしたね。

しかし、今の機能性マットレスやウレタン敷布団に使われているウレタンの多くは高反発です。

マニフレックスの独自ウレタンなどは温度で硬さの変化が起きることはなく、沈み込みも理想的で常に一定のパフォーマンスを発揮してくれます。

「ウレタンってあの沈み込む奴でしょ?アレは嫌だ」という人も一度寝てみれば印象が変わるはず。

参考になれば幸いです。

文句なし五つ星の高機能寝具!

1

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

2

我が家にリニューアルされたモットン枕が届いてかれこれ数ヶ月経ってしまいました。 今まで様々な枕を見てきましたが、リニューアル版のモットン枕はシンプルイズベストの頂点とも言えるクオリティです。 目次1 ...

3

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

4

日本人の体型を研究した上で「腰痛対策」となるマットレスを開発し支持を集めているモットンジャパンの高反発マットレス「モットン」 僕は2016年後半に使い始めてそろそろ1年になる位です。 そこで毎日モット ...

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!

腰痛対策マットレスモットン

〜 敷布団からの乗り換えなら 〜

高反発マットレスは色々あるものの、敷布団からの買い替えなら腰痛対策マットレス【モットン】が人気。

僕も長らく愛用してますが、ヘタる様子もなくしっかり身体を支えてくれるので寝起きの調子も良好です。

【レビュー記事】腰痛対策マットレスモットンを約3年間使ってみた口コミ評判

PR

-敷布団

Copyright© のび睡眠 , 2020 All Rights Reserved.