眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

腰の負担軽減

腰に当てる腰用枕「腰枕」って腰痛に効果あるの?

更新日:

寝ている時の腰痛対策を考えた時にふと気になるのが「腰枕」

名前の通り腰の部分にあてがう薄いクッションですが、腰枕は腰痛に良いのでしょうか?

個人的な感想と「寝ている時の腰痛対策」について書きたいと思います。

腰枕って腰痛に効果あるの?

腰への負担が楽になる可能性は低い

個人的には腰痛対策としての腰枕はナシだと考えています。

なぜなら「睡眠中は朝までジッとしている訳ではない」という点が1つ。

同じ体制を続けると血液の流れを滞らせたり、蒸れて暑くなるなど身体が不快感を覚えます。

だからこそ身体はときおり寝返りを打って調整を図るのですね。

腰枕に腰を乗せた状態は「腰を固定すること」に繋がり寝返りの邪魔だと思うのですが、いかがでしょうか。

それに寝返りを打って腰枕から腰が落ちてしまうと話になりません。

 

2つ目に「腰枕以前に腰を預けている寝具の状態を考慮する必要がある」という点。

敷布団やマットレスが日常使用でヘタっている場合、腰枕がどうのという状況ではありません。

例えるなら「しっかりとした基礎の無い地面に家を建てるようなもの」

寝具のヘタリによる腰への負担も可能性としてゼロではないため、いずれにせよ「腰枕が解決した」という未来が見えないのです。

 

しかし「敷き布団やマットレスを変えて腰への負担が減った」という声はよく聞きます。

それなら中途半端に腰枕で対策した気にならず、根本をガラッと変えてしまうのが合理的だと思うのですね。

腰枕自体の耐久性に疑問が残る

睡眠中に負担(圧)がかかりやすいのは「肩と腰」

下記は腰痛対策マットレスで有名な「モットン」のページにある参考画像です。

引用:腰痛対策マットレス【モットン】の詳細はコチラ

赤色や緑色になっている所により強い負担がかかっているのがわかりますよね。

すなわち腰枕は「最も負担がかかりやすい箇所」をピンポイントに狙っているため、耐久性が重要だと言えます。

耐久性を上げるには素材の品質はもとより、厚みも関係してくるでしょう。

だからといって「腰枕は厚すぎると腰のポジションを不自然にしてしまう危険性」があります。

(マットレスでも最低5cm、腰痛対策マットレスのモットンに至っては10cmの厚み)

構造的にも長く持ちにくい点が腰枕をおすすめできない理由ですね。

就寝時の腰痛対策はやっぱりマットレス?

腰への負担を最小限にしたいならマットレスを最優先

個人的には「数千円で小手先の対策をするなら、数万円出しても根本的な事をするべき」だと考えています。

その上で品質の高いマットレスを使うことはメリットが多いでしょう。

  1. 価格が高いが、数年に渡って長く使える
  2. 身体への負担が少なくなると眠りやすい
  3. 睡眠の質向上につながる

腰を意識しながら眠るのってすごく辛いというか、落ち着いて寝られないんですよね。

特に朝起きるときはガバッと起きられないから四つん這いの姿勢から除々に姿勢を起こしてみたりと苦労が絶えません。

朝からそんな調子では気分も下がりますし、夜眠る喜びも薄れていくでしょう。

人それぞれ生活スタイルが違うため、必ずしもマットレスが腰痛に対する解決策であるとは言えません。

しかし寝具を見直すという対策は決して腰だけのためではなく、人間に必要不可欠な睡眠に直接影響を与えます。

そう考えると「無駄に終わった」という結論はまず起こりません。(適切なマットレスを選べているなら)

ここが腰枕との決定的な違いなのですね。

腰痛は枕や寝姿勢にも注目

体全体を預けるという意味で優先すべきは敷布団やマットレスなど「敷物」です。

理想的な寝姿勢を保つことで身体への負担を最小限にするためですね。

しかし、寝姿勢は敷物によって保持される「無意識的な寝姿勢」だけではなく「意識的な寝姿勢」もあると思っています。

  • 仰向き寝
  • 横向き寝
  • うつ伏せ寝

上記が意識的な寝姿勢だと思っています。

(寝返りを打っている時は無意識ですが、布団に入った時点で眠りやすい姿勢がそれぞれあるはずです)

この中で腰に優しいと言われているのが「横向き寝」

「横向きだとラクに感じる」という腰痛持ちの人もいるのではないでしょうか。

となると、枕も横向き寝に適したモノの方がより身体への負担を考慮していると言えますよね。

こちらは横向き寝に最適化されたYOKONE2という枕。

初代は横向き寝に特化していたのですが、改良されて今はどの寝姿勢でも快適に使える工夫が凝らされています。

このようにマットレスや枕・寝姿勢を意識しながら「ストレスなく腰に優しい状態を作る」のが理想的。

値下げキャンペーン中!YOKONE2:18,000円→15,000円(税抜)

結論

まわりを固めてから冒険する

今は腰痛対策に様々なグッズが出ています。

「アレはどうなのかな?」「これはちょっと怪しいかも」と思いを巡らせる前に、まずは身近な所を整えていくことが大切。

「ここは大丈夫」と安心できるポイントがあるからこそ、人は知らない物事へ冒険できるのだと思います。

という意味で腰枕は冒険要素が強いと個人的には思いますね。

下記では評判の良いマットレスや枕をまとめているので、こちらも参考になれば幸いです。

【関連記事】人気の高反発マットレスの選び方と快眠おすすめランキング

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!
1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-腰の負担軽減

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.