コラム

サプリメントでドーピング疑惑?サプリに頼らない体づくりとは

投稿日:

「サプリメントに含まれていた成分がドーピングに当たる」として失格になったり、数ヶ月の出場停止処分を受ける選手がちょくちょくいるようです。

パフォーマンスアップや休息にサプリメントを愛用するアスリートは多いと聞きますが、これでは日々の努力が水のあわですよね。

なぜ、サプリメントでドーピング疑惑をかけられてしまうのか?根本的な解決策を考えてみたいと思います。

サプリメントで失格!出場停止!?

ボトルの記載に無い成分が含まれていた

普段ドーピングチェックを受ける選手であれば、サプリメントに対する警戒心もより高いようです。

日本のサプリメントはもちろん、海外のサプリメントもボトルに表示されている成分がドーピングに当たらないかどうかチェック。

問題ないことが確認できた上で服用していたはずなのに、それでも当たってしまう。

その原因はボトルに記載されていない成分が含まれていたためだそうです。

サプリメントは医薬品ではなく「食品」に分類されるため含有成分を全て記載している訳ではありません。

特に海外のNO系(一酸化窒素)サプリメントはメーカーによって禁止物質が混入されている傾向があるとのこと。

 

NO系サプリメントとは体内の一酸化窒素量を増やす事で血管拡張を促進させ疲労感をサポートする目的のサプリ。

アルギニンやシトルリン、ナイアシン・オルニチンなどが成分として含まれています。

これらの成分はダメではないのですが、海外サプリの場合は実感力を上げるために禁止物質を混入している可能性のある点が問題。

(もちろん全ての海外サプリではない)

これらを日本のスポーツ業界では「うっかりドーピング」と呼んでいます。

海外サプリではなく国内サプリなら大丈夫?

国内の有名メーカーサプリではこのような事例はないようですが、100%安全ということはありません。

ただし、海外サプリを熟知しないまま使用するよりは遥かに安全性は高く、特に「JADA」に公式認定されたサプリメントであればかなり安全性は高いでしょう。

 

そもそも「じゃあなぜ海外サプリを使うの?」と考えると、そこにはメリットがあるからです。

  • 日本メーカー製よりも安い(コストパフォーマンスに優れている)
  • 成分の含有量などサプリメントとしての性能が高い

例えば日本とアメリカではまったく違った基準でサプリメントが製造されています。

「日本では医薬品扱いになる成分をアメリカではサプリメントとして販売している」というのもごく普通のこと。

近年は海外ネット通販サイトが多言語対応しており、英語に詳しくない人でも海外からサプリを個人輸入できる時代です。

「うっかりドーピング」はこのような「ネットで容易に手に入る」という背景も少なからず影響しているでしょう。

サプリメントに頼らない体づくりが大切

「サプリメントありき」という思考は脆く弱い

サプリメント自体を否定する訳ではありません。

しかし、仮にサプリメントの「おかげ」があったとして、それを実感してしまう事はスポーツにおいて危険な事だと考えられます。

一度でも実感を得てしまうと、サプリメントの無い状態がマイナスだと思えるから。

そして「おかげ」を感じないならそもそも飲む必要はありませんよね。

僕も睡眠のために休息サプリメントを摂取することはありますが、リズムが出来てきた今は「なくてもいい」と思える余裕があります。

それはスポーツのように「常に今の自分を超えていく必要」がないから。

生活リズムを維持する必要はあっても、そこに新記録や連勝記録といったものはありません。

逆に周囲からのプレッシャーを感じる中で何かに頼ってしまう気持ち(依存心)は理解できる反面、少々危険があると思いませんか。

最終的には自分自身が自分自身を信じて戦う他ないのですから。

サプリメントを摂らないプロアスリートの考え

スポーツ界のみならず芸能界でも活躍する武井壮さんはサプリメントの類いを一切取らないそうです。

なぜなら「食物から栄養を吸収する内蔵の力を鍛えるため」とのこと。

サプリで決まった成分・分量を機械的に得ていくことは人間本来の力を退化させるという考えなのかもしれませんね。

これで結果を残していないなら信頼に値しないかもしれませんが、武井壮さんは陸上競技・十種競技元日本チャンピオン。

人体の構造理論に則ったトレーニングで確実に成果を上げてきた方の考えなのでズシッと重みを感じます。

そして「サプリメントが記録や結果に影響するか?」という漠然とした問いにも明確な答えを示してくれているでしょう。

  • 周りがサプリメントを摂取しているから
  • あと少しの力を何かに頼りたいから

なんとなくサプリメントを摂取してきた方はこの機会に考えを見直してみても良いかもしれません。

人間本来の力を高めるために

何よりも「睡眠」にこだわることが大切

僕はスポーツ理論に関しては全くの無知で素人、なんにもわかりません。

でも1つだけ真実を知っています。

それは「人はしっかり眠れれば潜在的なパワーさえも呼び起こすことができる」ということ。

睡眠は人類に無くてはならない行為。

すなわち、スポーツや仕事・勉強など全ての行動は睡眠の上に成り立っているのです。

睡眠環境の充実や改善が人間本来の休息力を高めてくれるなら、それはサプリメントじゃ成し得ない変化を与えるでしょう。

サプリメントを使わない事を勧めたい訳ではありませんが、最優先事項としては「睡眠」だと思うのです。

当サイトではプロアスリートから支持されているマットレスをまとめた記事も書いているので、こちらも参考になれば幸いです。

【関連記事】高反発マットレスのおすすめランキングと選び方まとめ【保存版】

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!
1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-コラム

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.