眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

マットレス

人気の高反発三つ折りマットレスおすすめまとめ

投稿日:

 

多くの日本人に馴染み深いマットレスと言えば「三つ折り」ではないでしょうか。

押し入れにもピッタリで、持ち運びも楽ですからね。

そこで、人気のある高反発に絞っておすすめの三つ折りマットレスをまとめました。

高反発三つ折りマットレスの基礎知識

マットレスの上に敷布団は敷かない

マットレスというと「敷布団の上に敷くものでしょ?」という方は今でも多くいます。

でも現在主流の高反発マットレスは体圧分散性に優れているため、マットレス1枚で使うのがベスト。

逆に上に布団を敷いてしまうと体圧分散を実感しにくいでしょう。

 

敷布団の下に敷く用途のマットレスは「クッションとしての役割」に終始したモノ。

身体の荷重を受け止めて理想的な寝姿勢を保持するような目的で作られていないのが違いです。

価格はピンキリ、品質もピンキリ

高反発三つ折りマットレスは探せば1万円以下でもありますし、10万円を超えるものもあります。

布団やマットレスって家電などのように「目に見えてわかる性能」がありません。

加えて洋服や装飾品などのように「他人に見られたり、見栄を張れる」ものでもありません。

だからこそ多くの人はお金をかけまいと安いものを選びがち。

しかし、これは間違いであって「シンプルなものほど品質の違いがはっきり出やすい」のです。

実際に高品質なマットレスを使った人はずっとそれを使い続ける傾向にあるでしょう。

 

じゃあ具体的にいくらを目安にすればいいの?となりますが、当サイト的には下記を目安にしています。

  • ノンコイルマットレスなら30,000円〜50,000円(シングルサイズ)
  • コイルマットレスなら100,000円~200,000円(シングルサイズ)

三つ折りマットレスは中材がウレタンフォームが主なので、ノンコイルマットレスに属しますね。

シングルサイズなら大体3万円から5万円の間で品質の良いモノが得られるでしょう。

セミダブルやダブルに関してはシングル価格にプラス1万円〜2万円程度で見積もると良いです。

当サイトでの目安以上の製品もありますが、予算に応じて選んでみて下さい。

コイルマットレスは中にスプリングが入っているベッド用のマットレスのことです。

三つ折りマットレスは腰痛に悪いってホント?

よく三つ折りマットレスは腰痛に悪いという主張を聞くこともありますが、まったく関係ないと考えています。

もし3つ折りの折れ目部分が腰に当たって不自然な寝姿勢になるのであれば納得ですが・・・実際には当たりません。

ただ1枚モノのマットレスと比べると3分割されている分、腰部分がヘタリやすいのはありますね。

そこは「腰の部分だけ硬めにする」という対応でカバーしているメーカーもあるので、一概にダメとは言えません。

 

それよりも体圧分散性の良いマットレスを使うことで「腰への負担を優しくできる」というメリットに目を向けるべき。

腰痛の原因は様々ですが、寝具による要因を未然に防げればそれに越したことはありません。

高反発三つ折りマットレスの人気おすすめトップ3

RISE(ライズ)スリープオアシス

スポーツ選手(アスリート)にとって睡眠はコンディションの波を作らないために大切なこと。

ライズは「でも、それってスポーツ選手だけじゃないよね」という思想を持ち寝具を開発している日本のメーカーです。

全ての人を「ライフアスリート」として、日々の仕事や家事育児・趣味に打ち込む人の睡眠をサポートしたいという想いが高評価。

中でもスリープオアシスは中材に高反発ファイバーを用いたエア系マットレス。

上記のようにシャワーで丸洗いできる特性を持つ中材なので、常に清潔な状態を維持することが可能。

寝心地だけではなく通気性も抜群で人気のマットレスです。

マニフレックス イルマーレウィング

世界中で販売されているイタリア発の寝具メーカー「マニフレックス」

硬めの寝心地が特徴で、数々のプロスポーツ選手にも愛用される人気ブランドでもあります。

このイルマーレウイングは3分割されたフォームの裏表で硬さが異なる2層構造。

好みに合わせて全面を硬めにしたり、腰だけをハードにしたりと入れ替え調節できる点が素晴らしいですね。

製品保証も10年あり、1度買ったら相棒として寄り添い続けてくれます。

西川 ムアツふとん 2フォーム

西川といえば言わずと知れた日本の寝具メーカー。

その西川の高品質マットレスは表面がデコボコした「プロファイル加工」が大きな特徴です。

このデコボコが人の荷重を点で支えることで、各部位で理想的な体圧分散が行える&通気性アップ。

「点で支えるマットレス」といえば西川のムアツふとんが元祖でしょう。

中でも「ムアツふとん 2フォーム」はそのプロファイル加工ウレタンを2層構造にしたハイクラスなモデル。

さらなる寝心地と通気性が得られます。

あとがき

三つ折りマットレスはある程度厚みがあると良い

最後に、三つ折りマットレスを選ぶポイントで1つ考慮したいのが「厚み」です。

三つ折りマットレスは乾かす時、Z字のように立たせる事ができますよね。

しかし、薄くコシがないマットレスだとうまく立たせることが出来なかったり、途中で崩れてしまいます。

そのためウレタン素材であれば10cm前後の厚みを持つ三つ折りマットレスを選ぶのがおすすめ。

厚みがあれば床に敷いても底づき感がないので寝心地も抜群です。

参考になれば幸いです。

1

日本の寝具メーカーとして着実に評価と知名度を獲得しているライズ東京。 当サイト運営者である僕も「スリープマジック」を愛用しており、その快適性は確かなものでした。 そんなライズがこのたび「3周年記念 大 ...

2

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

3

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-マットレス

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.