眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

マットレス 寝具

セミダブルの体圧分散敷布団おすすめランキング

投稿日:

敷布団はもともと畳や床に敷いて使うもの。

日本でもベッドが浸透すると共に夫婦一緒に眠る事は増えましたが、布団を敷くなら2組ならべて寝るのが一般的ですよね。

そのため敷布団のサイズはほとんどがシングルサイズ。

そこで今回は体圧分散敷布団のセミダブルサイズでおすすめをまとめてみました。

体圧分散敷布団とは?

複層構造で体圧を分散する敷布団のこと

一般的な敷布団は綿のみを詰めて作りますが、体圧分散敷布団は複数の素材をミルフィーユ状(層になるように)組み合わせて作ります。

そのため素材により様々なメリットを持たせる事が可能で、その主たるメリットが「体圧分散性」

人が敷布団やマットレスといった寝具に横になると、そこに圧がかかりますよね。(体圧)

特に腰などはその圧力が強くなるため寝具が適切でないと身体を痛めたり違和感を感じる原因になりうるのです。

  • 柔らかすぎる寝具⇒自然な寝姿勢が崩れやすい
  • 硬すぎる寝具⇒体圧が分散されず負荷が身体に戻ってくる

体圧分散には反発力が重要になるため、綿だけで構成されるより複数の素材(ウレタンなど)が使われた方が良いでしょう。

そこで体圧分散性を考慮して層構造になった敷布団は「体圧分散敷布団」と呼ばれているのです。

セミダブルの体圧分散敷布団は少ない?

そもそも敷布団のセミダブルサイズも(シングルに比べて)少ないですが、体圧分散敷布団となるとさらに数が減ります。

ただ「セミダブル」はダブルがついてるといえども、1人がゆったり眠ることを目的としたサイズであり1人用。

睡眠への意識が高い人にとって「身体に優しい体圧分散性 ✕ ゆったり眠れるセミダブルサイズ」は良い組み合わせと言えますよね。

そのため一部寝具メーカーや健康グッズを販売する企業が少なからず手がけていますし、ゼロになることは考えにくいです。

しかし、個人的な感覚では「1枚で使うマットレス > 敷布団」という流れを感じるため、敷布団自体が大きく伸びる気はあまりしません。

マットレスという存在がある以上、今より増えることはなさそうです。

セミダブルのおすすめ体圧分散敷布団価格ランキング

一番星「雲のやすらぎプレミアム」

「雲のやすらぎプレミアム」は独自の健康・美容製品を販売する一番星による体圧分散敷布団です。

身体への負担を減らし、腰にも優しくぐっすり眠れるという点が支持されている主たるポイント。

その評価の裏側にはメーカーとしての開発努力が感じられますね。

  • 製法や素材にこだわり体圧分散性を向上
  • 満足感のある厚みの追求(厚み17cm5層構造)
  • 長年の使用でも清潔に保てる工夫
  • 季節の変化を意識した素材選択
  • 耐久性を考えた製造方法の徹底

しっかり納得して使い続けてもらいたいという気持ちが100日間の返金保証や製品説明からも伝わりました。

正直オシャレな雰囲気はありませんし、有名寝具メーカーのようなブランド感もありません。

ただ、そういう見かけの部分を全て省いて「健康のために」を追求したことがこの敷布団の魅力であると考えます。

  1. セミダブルサイズ ¥49,800
  2. ダブルサイズ ¥59,800

マニフレックス「イタリアンふとん2」

イタリアの寝具メーカーであるマニフレックスが日本人の生活文化である「布団」を作りました。

それがこの「イタリアンふとん2」であり、日本でしか買えないモデルとのことです。

マニフレックスのマットレスにも使われている高反発素材「エリオセル」が使われており、身体が当たる表面はより柔らかい「ソフトエリオセル」を使用。

厚み7cmで底づき感がなく床に敷いても畳に敷いてもOK。

マニフレックスはプロアスリートにも愛用者が多いという所で知名度は抜群ですね。

 

  • セミダブル ¥35,753
  • ダブル ¥43,899

ライズ「ハピトン 立体敷布団」

「スリープオアシス」や「スリープマジック」といった先進的なマットレスで知名度を上げている寝具メーカーのライズ。

立体構造敷布団ハピトンはお手頃な価格でシンプルな敷布団が欲しいという方におすすめです。

構造は固綿orウレタンフォームに東レの特殊繊維「マシュロン」。

マシュロンは吸汗性がよく、すぐ乾く繊維で弾力性にも優れています。

硬さ違う2タイプを展開しています。

  • やわらかめのハピトン⇒中心にウレタンフォーム+マシュロン
  • かためのハピトン⇒中心に固綿+マシュロン

体圧分散性で言えばウレタンフォームを使っているやわらかめのハピトンが良いですね。

価格相場よりもだいぶ低価格なのですが、日本の寝具メーカーなので品質は悪くありません。

  • セミダブル ¥16,189
  • ダブルロング ¥21,589

どう選べば損しないか

どこを重視するかで選ぶべき製品が変わる

性能や価格は違えど、どれも費用対効果は相応に良いでしょう。

ただ、寝具を選ぶにあたってどこを重視するかで見るべきポイントが変わりますよね。

一度買った寝具は数年に渡って使いますから、どこを1番に重視すべきかよく考えて選ぶことが大切です。

ぜひ参考にしてみて下さい!

1

日本の寝具メーカーとして着実に評価と知名度を獲得しているライズ東京。 当サイト運営者である僕も「スリープマジック」を愛用しており、その快適性は確かなものでした。 そんなライズがこのたび「3周年記念 大 ...

2

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

3

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-マットレス, 寝具

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.