眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

腰の負担軽減 部位別

腰への負担を軽減し腰痛に優しい椅子メーカートップ5

更新日:

腰痛に悩みながらも椅子に座り続けなければいけない人はたくさんいると思います。

そんな時「少しでも腰に良い椅子を使いたい」と思いませんか?

腰を労りながら座るには

腰の負担を軽減する椅子を使うのが良い

僕も以前デスクワークによる腰痛に悩んでから腰への投資として椅子にもこだわるようにしました。

それからはかなり腰の調子がよく(とは言っても無理は禁物ですが)今まで過ごせています。

椅子以前の話をするならば、座り姿勢を正すことが大切。

でも坐骨で座り骨盤が立つような姿勢を維持し続けるのってなかなか大変なんですよね。

気を抜いたり、目の前の作業に集中するとつい前かがみで背中が丸まった悪い姿勢になりかねません。

そんな時には椅子の力を借りた方が早いでしょう。

人間工学を考えしっかりと坐骨で座れるような椅子や有名なオフィスチェアメーカーの製品は腰への負担度がまるで違います。

椅子がしっかりと腰を支えてくれると「座り続けなくてはいけない場面」で強力なサポーターとなりますね。

会社の椅子だから変えられないんだけど

ここで気になるのがどこで椅子を使っているか。

例えば自営業やフリーランス、あるいは家事で椅子に座ることが多い人ならある程度自分の裁量で椅子を選べますよね。

しかし、会社などであれば予め用意された椅子ですから変えようがありません。

その場合はすでにある椅子の上に置くシートがあるので、それを使うのがおすすめ。

椅子全体を変える事はできませんが、それにより正しい座り姿勢を維持できれば非常に安上がりで費用対効果が高いですよね。

上記はアーユル チェアーという坐骨で座りやすくなる椅子を開発しているメーカーの「メディカルシート」という製品。

これを既存の椅子に置くだけでピシッと腰に優しい座り方が維持できるのですね。

別売りの脚を付ければこれ自体が椅子としても使えるようになる仕様なので、いつまでも使い続けられます。

【参考】メディカルシート

オフィスチェアおすすめメーカートップ5

ハーマンミラー(Hamann Miller)

ハーマンミラーはアメリカのオフィス家具メーカー。

アーロンチェアは「成功者の椅子」とも言われるハーマンミラーの代表作ですね。

高級オフィスチェアの代名詞的存在と言っても過言ではありません。

価格は素材やオプションにもよりますが15万円位を見ておくと良いです。

同メーカーでは「エンボディチェア」「セラチェア」「ミラチェア」なども人気のモデル。

高級外車が好きな人にウケるイメージで問題ありません。

イトーキ(ITOKI)

イトーキは日本のオフィス家具メーカー。

2007年にグッドデザイン賞を受賞した「スピーナチェア」がイトーキの主力オフィスチェアですね。

エストラマーというゴムとプラスチックの中間に位置する素材を用いた背もたれが特徴的。

日本の「もてなし」の心をオフィスチェアと融合させたかのような佇まいは芸術品のよう。

もちろん座り心地も一級品です。価格は10万円程度。

オカムラ(OKAMURA)

オカムラもまた現在オフィス家具や什器を扱うメーカーとして有名ですね。

オフィスチェアでは「バロン」「コンテッサ」が主力であり人気のモデルです。

チェアデザインに世界的なデザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロ氏を起用し見た目と質感・機能全て完璧を追求。

価格帯は10万円〜15万円程。

コクヨ(KOKUYO)

コクヨといえばノートなどの文房具をイメージする人も多いでしょう。

実はオフィスチェアーも開発しているのです。

そんなコクヨの代表作である「インスパイン チェアー」は背面についているダイヤルが特徴。

ここを回す事でワイヤーが動きランバーサポートの調節が出来るという機能を搭載しているのです。

およそオフィスチェアのランバーサポートはただ腰に当てるだけの物が多い中、このような可変サポートは珍しいもの。

どこまでも自分に合わせたい人にはたまらない機構ですよね。

価格は15万円程。

ウィルクハーン(Wilkhahn)

ウィルクハーンはドイツの椅子メーカーとして誕生して以降、デザインと機能性を追求し続けたメーカー。

オフィス向けというよりむしろラグジュアリーを求める人の所有欲を満たす製品と言いましょうか。

主力モデルは「オン チェアー」でどんな座り方でも椅子が自在に追従するという構想で完成した逸品。

当たり前を覆す存在として多くのメーカーからも注目されているでしょう。

ハーマンミラーが好きな人はウィルクハーンも好きだと思います。

価格は20万円程。

腰痛持ちがどれか選ぶなら?

腰の事を考えるならアーユルチェアー01(ゼロワン)

まさかのトップ5に入っていないアーユルチェアーを選出しました。

それには理由が2つあります。

  1. シンプルに腰への負担だけを考え抜いていること
  2. 余計な機能がないぶん価格がお手頃
  3. 必要最低限の部品構成とデザインで省スペース

見た目のデザイン性や機能性でいえば正直トップ5で挙げたオフィスチェア群が圧倒的だと思います。

ただ、それらの要素によって価格が高くなっているのもまた事実。

純粋に腰だけの負担を軽減したい人にとってそれらは高級オプションとしか思えないでしょう。

アーユルチェアーなら最上級モデルの「01」でも6万円ほどとオフィスチェアの主力モデルより高くありませんし、場所を取らず部屋を圧迫しません。

個人事務所などでも、或いはある程度のオフィスでもスッキリとしたインテリアには悪くない選択だと思いました。

これからも椅子に座り続けなくてはならない人の参考になれば幸いです。

【参考】アーユルチェアー01(ゼロワン)

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-腰の負担軽減, 部位別

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.