眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

寝具

高反発枕のおすすめランキング!低反発との違いは何なの?

更新日:

7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s

もう何年も前に低反発枕が流行し、今や定番枕となりましたよね。

そこで数年前に登場したのが高反発枕です。

どちらも基本的にウレタンフォームを用いていますが、具体的にどう違うのでしょうか。

高反発枕と低反発枕の違い

e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

頭部の沈み込み具合

高反発枕と低反発枕の違いをわかりやすく説明すると下記になるでしょう。

  • 低反発・・・沈み込みが深くフィットしやすい
  • 高反発・・・沈み込みが浅く寝返りしやすい

個人的にはそば殻やビーズ・綿を中材に使った枕と比べて、どちらも「反発」する素材であるぶん寝返りは打ちやすいと思います。

しかし、寝返り自体は頭部だけではなく身体全体で行うためマットレスの影響も考慮すべき。

枕の影響はゼロではありませんが、価格が1万円を越えるような枕に至っては実際に製品の検証を入念に行っています。

 

ただ、極端に寝返りの打ちにくいようなものがこの価格帯で出てくるのはまず考えられません。

形だけ似せた低価格品になると話は別ですが。

そのため沈み込みの具合で大きく変わるのは使用者の好みが大半かなぁと思います。

「硬い枕の好きな人」が柔らかい枕を使うと違和感を感じてしまうように・・・。

 

また、ウレタンにもメーカーごとに特徴や構造の違いがあるため、この部分で沈み込みはもちろん通気性の良さも変わってくるのがポイント。

「低反発枕だから全部沈み込みやすい」と考えるのは早計。

枕の素材によるデメリットは年々克服されてきています。

流行った当初の良くない印象や否定的な感想を持ち続けている人はある意味でショックを受けるかもしれませんね。

枕選びで大事なポイント

頭を支える枕において、1番大切なことは「毎日使い続けられるかどうか」という点。

それは寝心地もそうですし、耐久性という観点からも考える必要があります。

毎日使うことを考えると以下のポイントが大切です。

  1. 身体に負担をかけないもの
  2. 耐久性が高い

①身体に負担をかけないもの

高性能な枕であればおよそ開発段階で考慮されています。

それはあくまで一般成人体型をモデルとしているでしょうから、それよりも小柄な人・大柄な人で個人差があることは理解しなければなりません。

特に枕の高さは体型と密接な関係があります。

makura01

自分にとって最適な枕の高さは家で計測することもできますが、高さ調節パッドが付いている枕を選べば適宜変更できるでしょう。

makura02

背を壁に向けてあごを引いたり上げたりしない自然な立ち姿勢で、上記画像にあるAの距離を計測します。

体型適切な枕の高さ
標準体型より細め2.5cm~3cm
標準体型3cm~4cm
標準体型より太め4cm~5cm

性別でも高さの平均値が変わり、男性であれば4cm、女性であれば3cmが平均と言われています。

低反発枕や高反発枕においては沈み込みで枕の高さが可変するため、正直高さを知ってもあまり意味がありません。

ただ、沈み込みがほとんど無い枕の素材においては重要ですね。

②耐久性が高い

耐久性においてウレタンフォームの枕は非常に優秀と言えるでしょう。

そば殻やポリエステル綿・フェザーなどと比較しても形状の変化がほとんど起きず、極端に劣悪な環境(水浸しになるなど)でなければ数年に渡ってパフォーマンスを発揮し続けます。

他の素材も同様ですが、ウレタンもまた徐々に劣化していく事は避けられません。

さらにウレタンといっても品質に差があり、これらの品質は値段にも比例しやすい点がポイントです。

 

どちらを選べば良いか?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

高反発・低反発を意識しない方が良い?

最初の説明通りにいけば、柔らかい枕が好きな人なら低反発枕、硬めの枕が好きなら高反発枕という分類になりますね。

ただ、どちらの枕も話題になってから何年も経っています。

現在に至るまで何の改良・改善もせずに販売され続けている訳ではありません。

個人的に感じた枕の軌跡を下記のように表してみました。makura-hanpatsu

枕の反発力が「就寝時の最適な高さ維持」に貢献するのであれば、柔らか過ぎても硬すぎてもダメだと思います。

自転車のタイヤで例えると、空気がなさすぎると衝撃に弱く段差でパンクしやすくなります。

かといって空気を入れすぎると乗り心地が硬くなり、チューブの許容量を超えた空気圧は破裂の危険性が出て来るでしょう。

快適を追求すると適正な空気圧であることが大切なのです。

となると、お互いの素材は開発を重ねるごとに逆の性質を取り入れどこかでクロスするのでは?という考え。

既に高性能ウレタンフォーム枕はそういう所にまで達しているような気もしています。

なぜなら高性能枕を開発しているメーカーは続々と独自仕様のウレタンフォームを使い始めているから。

流行った頃の「ただの低反発・高反発」から「適切な体圧分散を研究した反発」に変わってきています。

低反発・高反発の違いを説明する上で明確な特徴を上げましたが、今はそれだけを枕選びの基準にするのは難しいかもしれません。

という前置きをした上で、高反発枕を求める人の真意を考えてみたところ・・・

硬さのある寝心地を求めているのでは?

恐らく流行りだした頃の低反発のイメージ(グニャっと沈み込む)のが嫌で、もっと硬い寝心地がいい=高反発かなぁと。

であれば、今現在のウレタンフォーム枕でもそう嫌ではないはず。

という点を踏まえて、最後に寝心地硬めの枕ランキングをご紹介するので参考にしてみてくださいね。

 

寝心地硬めのおすすめ枕ランキング

3位 エアリープラスピロー ARPP-3050

低価格な家具や家電でおなじみのアイリスオーヤマが手がける新素材枕「エアリーピロー」 3次元スプリング構造の中材を使用し、通気性と反発性に優れています。

中材は水洗いできるタイプとなっており衛生的。

今までウレタン枕を使っていた人であれば、この素材が発するパリパリという音が少々気になるかもしれません。

価格面ではさすがアイリスオーヤマといった所ですね。

2位 The Pillow(ザ・ピロー)

The Pillow

2016年発売の比較的新しい枕「The Pillow(ザ・ピロー)」

アイリスオーヤマのエアリーピローとほとんど似た特徴を持ち、中材も同じ様に水洗い可能。

価格も一万円以下とかなり良い勝負ですね。

ただし、保証期間の長さは7年間とある点からエアリーピローよりメリットがあると言えます。

参考価格:7,980円

1位 めりーさんの高反発枕

めりーさんの高反発枕はその名の遠り反発力の高いウレタンを使用した高機能安眠枕。

僕も持っており、その品質の高さは枕の中でも上位に入ると思っています。

中でも他のメーカーにはない特徴として「枕の高さ調節がかなり細かく行える」のが素晴らしいですね。

画像の通り、薄くスライスされ1枚1枚保護カバーの付いたウレタンシートを抜き差しして高さ調節ができるのです。

適度な反発力と抜群の調節力で「ネット購入でも高さがぴったり!」「オーダーメイドしたみたい」と評判も上々。

高機能枕の中でも比較的リーズナブルなのも魅力的です。

参考価格:22,800円12,800円

【関連記事】めりーさんの高反発枕の口コミ!圧倒的調整力で肩こり対策!

 

さいごに

高品質な寝具は枕から

高品質・高性能な寝具って長く使えるんですけど、値段が高いのがネックなんですよね。

個人的にマットレスで後悔しない製品を選ぼうと思ったら3万円台〜からが相場だと思っています。

しかし、枕であれば大体1万円台半ばから長く使える製品数多く存在。

「あぁ、良い寝具ってやっぱり違うな」という実感を得るために、枕はとても良い入り口でしょう。

下記の記事も参考になれば幸いです!

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-寝具,

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.