眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

寝具

寝癖がつかない枕はどんな枕なのか?寝方も関係する?

更新日:

78231f1fc8d3ac197250314707f838c6_s

鏡を見て寝癖を直して・・・なんて慌ただしい朝を過ごしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、寝癖が付かなければ朝の準備も少しは楽になりますよね。

なぜ寝癖が付くのか?寝癖がつきにくい枕ってどんな特徴があるのかを解説します。

寝癖を抑える対策とは?

f28d7d04e930d51f7c993ded57d663fc_s

寝癖が出来る理由

寝癖が出来る理由は「髪が変な位置で固定されている」事に尽きます。

髪の毛が濡れているから寝癖が出来るという理由も間違いではありませんが、例えば海やプールで濡れた頭を自然乾燥させた時は寝癖になりません。

濡れる事で柔らかくなった(水素結合によりたんぱく質の結びつきが離れた)髪が変に固定され乾く(再結合する)ことで強烈な寝癖になるということ。

そのため寝る前に髪が濡れていたらドライヤーでしっかり乾かすことが最初に行うべき対策。

しかし、髪が乾いていても髪質によっては寝癖になります。

寝癖の対策方法

僕も髪が太めで寝癖が付きやすいため、髪が乾いていても寝グセになってしまうんですよね。

枕以外の対策方法としては下記のようなものがありますが、デメリットも存在します。

  1. 髪を束ねる
  2. ニット帽を被る
  3. 洗い流さないトリートメントを使う
  4. うつ伏せで寝る

1番の髪を束ねる対策は長髪の女性であれば有効な手段ですが、縛り跡が癖になってしまう恐れもあるでしょう。

また、結び方によっては寝返りのとき枕と接触し違和感(不快感)があるのがダメですね。

唯一寝返りを打っても邪魔にならない結び方が頭のてっぺんで一本結びですが・・・。

そして短髪の人はかえって癖が付きやすくなるため意味がありません。

------

2番のニット帽は髪の根元から耳の当たりまでを適度に締め付けて寝癖を予防するという対策。

難点としては「不自然に髪がペチャンコになる」「頭が蒸れてニオイやカユミ・抜け毛になる」というもの。

特に良質な睡眠においては「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」という頭冷やして足を温めると安眠できるという考え方があります。

安眠を捨ててまで寝癖を防ぎたいというのもなんだか考えものではないでしょうか。

髪を結べない男性には良いかもしれませんが、蒸れとニオイには十分注意が必要です。

------

3番の洗い流さないトリートメントは髪の指通りをなめらかにして髪同士が絡まるのを防ぐというもの。

寝ている最中は寝返りで髪同士が擦れ、絡まることからも寝癖になります。

髪のダメージケアにもなるため3つの中では1番良い対策だと言えるでしょう。

しかし、翌朝完璧に寝癖ができなくなるかというと疑問が残ります。

------

4番のうつ伏せ寝であれば、髪が枕と接する事がなくなり寝癖はかなり防げます。

ただ人間は一晩で20〜30回も寝返りをうちますから、うつ伏せだけで朝を迎えるのはほぼ無理でしょう。

無意識のうちに仰向けや横向きになっているかもしれませんし、自然な寝返りを邪魔するのは睡眠の質に関わります。

ちなみに「寝返りが多いのは眠りが浅い=寝返りの回数を減らす」と決めつけている情報もありました。

寝返りは睡眠中の血液循環や発汗に関わる大事な動作ですから、眠りが深くても行われます。

変な情報を鵜呑みにして寝返りしないような状況(例えば身体を固定するなど)を作り出さないよう注意して下さい。

要するに「寝姿勢」で寝癖をどうこうするのは無駄なのです。

寝癖が付きにくくなる枕?

3d04dc866eae4e987738bd52f09b7ec0_s

低反発枕は寝癖が付きにくいのか?

所々で「頭の形にフィットする低反発枕は柔らかく寝癖がつきにくい」みたいな情報を目にしましたが、果たして本当でしょうか。

普通にポリエステル綿やビーズ(パイプ)の中材を使った枕もある程度柔らかいですしフィットするでしょう。

逆に頭の形にフィットしない枕って相当ガチガチかペラペラなヤツなんですが・・・。

「低反発枕だから寝癖が付きにくい」の意味がその説明だけでは不十分だと思いますし、構造的にも理解できません。

また、頭がカッチリと固定されてしまう程に沈み込む枕は良くないです。

理由は先程も書きましたが、寝返りを打ちたいときに無理なくうつためですね。

低反発云々よりも大きい枕を使う

個人的には寝癖対策で枕を選ぶ前に、髪自体に対策を施すことが重要だと考えます。

先程紹介した中では「髪を縛る・洗い流さないトリートメント」が手段としては最適でしょう。

ただ、枕でも対策がしたいということであれば2点。

  1. 大きい枕を使う
  2. 手触りのスベスベな枕カバーを使う(シルク)

1つめは大きい枕を使うこと。

小さい枕では寝返りの時に頭が落っこちたり、枕がズレやすいというデメリットがあります。

枕の支持力不足で頭の位置が大きく移動して髪が変な所で固定されるという状況が無くなるでしょう。

もう1つは手触りのスベスベな枕カバーを使うこと。

髪が枕カバーの繊維に刺さったり絡まって戻れなくなるのを防ぐ効果が期待できます。

【参考】シルクの枕カバー

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!
1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-寝具,

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.