眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

寝具

枕に黒いシミや点々を見つけたら要注意!寝具の黒カビ対策

投稿日:

26f6e9af29a08e53094e54105733b6fd_s

ふと枕を見てみたら黒い点々やシミが。

「まぁいいか」と放置して使い続けると身体に悪影響を与えるかもしれません。

黒いシミや点々の正体

枕にも黒カビは生える

一概に言い切ることは出来ませんが、それは黒カビである可能性が高いです。

僕は以前床に低反発マットレスを直敷きし続けたせいで大量の黒カビを発生させてしまいました。

この場合は床とマットレス内で湿気が溜まったことが原因でしょう。

では、枕はどのような環境でカビるのか?

湿気の多い部屋

日当たりの悪い部屋は湿度が高くカビの生えやすい環境でもあります。

そのような環境は枕はもちろん、寝具そのものがカビの巣窟になってしまう可能性も。

自分ではわからない場合、他の人を招いてカビ臭いかどうかチェックしてもらえると良いですね。

同様にクローゼットの中に長期保管していた枕などは湿気を吸ってそこでカビてしまう事もあります。

枕が濡れやすい習慣

  • 「例えばお風呂上がりに髪を乾かさず寝る」
  • 「寝汗がすごい(しばらく寝込んでいたなど)」

枕カバーで吸い取っているつもりでも、湿気として枕の奥底に浸透していきます。

湿度の高い部屋と相まってカビてしまうこともあるでしょう。

部屋干しなども影響しますね。

養分のある場所

タンパク質・脂肪・炭水化物・無機塩類などで構成されているのがカビ。

その養分がある所はよりカビが発生しやすいと言えます。

枕であれば、肌の角質や汗、皮脂・フケなどを養分にできるためカビにとって好環境ですね。

一度枕に付いたカビは除去できる?

枕カバーなどに付いた黒カビは塩素系漂白剤に漬け置き洗いをすることで落とせるようです。

しかし、洗えない枕本体にまで侵食している場合は絶望的。

特にウレタンフォームなどの黒カビは諦めたほうが良いでしょう。

洗っても水分をたっぷり吸うため、乾くまでに数日かかります。

また、洗う前後で一般的なウレタンフォームでは劣化を免れられません。

寝心地が変わったり、一度カビが発生した気持ち悪さは常に付きまといます。

これを機会に新しい枕へ変えた方が精神的にも良く手間もないでしょう。

放置するのは危険

「でも少しくらいだし」と使い続けるのはもっと危険。

世界では、カビ毒が原因で家畜の大量死も起こっている。

「’60年代のイギリスでは、カビの生えたナッツを餌として食べた七面鳥が何万匹も死ぬ事件がありました。これは人間にも起こり得ます。カビを知らず知らずに長年にわたり慢性的に摂取した結果、体内にカビ毒が蓄積されることが危険なのです」

「まあいいか」の積み重ねが、知らぬ間に死を招き寄せるのだ。

出典:日刊SPA たかがカビと侮るな!! カビが原因でガンになることも…

黒カビは毒性はあまりない反面、喘息やアレルギーの原因になるとされています。

カビは種類も何十万種と存在し、それぞれどんな影響を起こすか分かりません。

寝具は常に清潔で安心感がなければ疲れも取れず不安が募るばかりでしょう。

今後に備える「枕の黒カビ対策」

湿度と温度に注意する

カビの発生は湿度が大きく影響します。

お風呂場やエアコン内部にカビが溜まるのもそのせいですね。

ということは「適切な温度・湿度を保つ」ことがカビ予防に大切なこと。

温度
発生しやすいのは20~30℃です特に25℃前後で活発に発生します。但し30℃以上になると発生は衰え始め36℃以上では発生が殆ど止まります。この温度範囲はダニと同じです。また、低温度でも生えます。(好冷菌)冷蔵庫の中でもカビが生えるのは常識になっているほどです。この点はダニと少し異なり、ダニは冷蔵庫の中ではせいぜい2週間しか生きられません。

湿度
空気中の水分が多いほどカビは発生します。空気中の相対湿度(RH)が92%以上で生え方が著しくなるカビもありますが、多くは80%(RH)から生えるカビです。
カビには酸素が不可欠です。カビの菌糸や胞子が素材の表面に生えるには酸素が必要だからです。
菌糸を素材内部に伸ばすのは栄養を得るためです。

出典:カビの発生条件

寝室は除湿機や空気清浄機で最適な温度・湿度を保ちたいですね。

通気性がよく洗える枕に変える

カビを生やさないためには定期的に洗濯してあげるのも有効。

なぜなら枕カバーだけでは受け止めきれない汗や汚れが枕内部に浸透しているから。

そのため、通気性がよく洗える枕に変えてしまうという対策もあります。

春雨を押し固めた様な素材の枕なら水洗いも簡単で通気性は抜群。

ただ、寝心地が硬めなのでウレタンフォームから乗り換えるには慣れが必要かもしれません。

ソフトビーズを中材にしてかつ洗える枕も何種類かあるため、それらを検討するのもアリですね。

洗える枕については下記の記事でまとめているので、是非参考にしてみて下さい。

【関連記事】丸ごと水洗い出来て清潔!おすすめの洗える枕!洗濯機で丸洗い?

1

日本の寝具メーカーとして着実に評価と知名度を獲得しているライズ東京。 当サイト運営者である僕も「スリープマジック」を愛用しており、その快適性は確かなものでした。 そんなライズがこのたび「3周年記念 大 ...

2

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

3

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-寝具,

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.