寝具

首のシワを取るために枕なしで寝るのは一度考えた方が良い

更新日:

b811b9a1c0fe852239cb82ce6387e8d0_s

「枕を使わないで眠ると首にシワが出来ない」という説が流れて美容に興味のある女性の間で試されているようです。

枕なしで眠るのは本当に良い事なのでしょうか?

枕なしはダメだと思う理由

枕は有用だったから今まで存在している

僕は枕の詳細な歴史などを知っている訳ではありません。

しかし、現代でもなお枕が使われている理由は「人間の睡眠に有用だから」ではないでしょうか?

もちろん枕無しでも人は眠れますから「必要」とは違うかもしれません。

「有用」と書いたのは人間の睡眠にとって良い影響をもたらすという意味を含んでいます。

実際、枕無しを実践した方の中にはこう思った人もいるのではないでしょうか?

  1. 翌朝疲れが取れない
  2. 首や方が凝った(痛い)
  3. いつもより寝付けなかった

首のシワを気にするあまり、睡眠による健康維持を疎かにしては根本的な美容になってません。

いつ誰がどのように「枕なし」なのか?

とある有名人が「枕なしで寝ている」というのを聞くと「枕を使わない」ことだけが注目されます。

ですが、その有名人の体型や生活習慣、寝姿勢までは知らないでしょう。

例えば寝姿勢で比べると・・・。

  • うつ伏せ寝で枕なしの人
  • 仰向け寝で枕なしの人
  • 横向き寝で枕なしの人

これらはまるで違うと思いませんか?

枕の有無だけを真似してもそう上手くはいかないということです。

睡眠は心地よい事が大切だと思う

人は1日の疲れを癒やすために眠ります。

戦国武将は敵の襲撃に気付くよう地面に耳をつけて寝ていたらしいですが、これじゃ落ち着けません。

(「枕を高くして寝る」ということわざの由来)

同様に首シワ予防も大事ですが、人間として心地よさを最大限に感じられる事も考える必要があります。

枕なしで寝たり、巻いたタオルを挟んだり・・・。

「美容のために!」と意気込んでも、本当は寝心地良くないですよね?

それはストレスになりますし、ストレスは何より老化の原因になるのです。

首にシワが出来る理由を考える

首にシワが出来るのはなぜか?と調べてみると、あごを引いた形になることが原因だそうです。

確かに今あごを引いてみれば首の皮膚が重なってシワになるのを確認できますね。

これが睡眠中に起こることで癖になり定着するということ。

そしてこれには「高さのある枕」という条件が付きます。

頭が異様に上がっていると自然とあごが引いてしまう訳ですから、首シワになりますよね。

逆に高さが適切であれば、枕を使っていてもシワにならないポイントがあるということです。

 

本当に首シワ対策をしたいなら

姿勢を良くする

スマホが普及してから急に「ストレートネック」という言葉を目にするようになりました。

顔を下に向ける事が多い人は首の骨がS字ではなく真っ直ぐになってしまうことですね。

これにより肩こりや猫背といった症状に繋がります。

当然、顔が下に向くとあごが引く訳ですから、首シワも出来やすくなります。

【関連記事】ストレートネック対策で人気!おすすめの枕まとめ!

自分に合った枕を使う

自分に合った枕を使うというのが単純ながら1番の対策です。

でも「自分に合った枕なんてどうやって見つけるの?」と思う方もいるでしょう。

具体的なフィーリングは使ってみない事にはわかりません。

しかし、普段仰向けで眠る事が多いのであれば「高さ調節」のできる枕がおすすめです。

【関連記事】高さ調整が出来るおすすめの枕はこれ!タオルで調節はダメ?

首がシワにならない適切な高さに調節して使うだけですね。

これならタオルを何枚も重ねて枕にするという案もあります。

試してみて落ち着かないようなら、やっぱりちゃんと枕を使った方が精神的にも良いでしょう。

 

ひとこと

枕なし=誰にでも最適と考えるのは早計

必ずしも枕なしが良い行動ではありません。

それよりも「合った枕と姿勢の維持」を追求した方が健康にも美容にも良いでしょう。

しかし、枕なしで寝てみるだけなら今夜から実践できるので、気になるならまず試してみるのも良いですね。

違和感があるなら、無理せずすぐに中止してください。

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!
1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-寝具,

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.