眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

寝具

高さ調整が出来るおすすめの枕はこれ!タオルで調節はダメ?

投稿日:2016年10月16日 更新日:

82d5a0995a0646549314c2914476e2e3_s

枕選びで大切なポイントの1つに「枕の高さ」があります。

自分にぴったりな枕を探すのもアリですが、調節できるタイプであれば枕の方から合わせてくれるので便利。

そこで、高さが調節できる枕を集めてみました。

枕の高さと睡眠

枕の高さは把握しこだわるべきか?

makura01

合わない枕を使うと気持ちよく眠れない上に、肩こりや首こりの原因となるでしょう。

だからこそ枕の高さが重要視されるのですが、だいたい標準体型の人が寝た場合に丁度よい高さになるよう作られている事がほとんどです。

(稀に素材の沈み込みなどを全く考えていない外見だけ似せた安物もありますが・・・)

ちなみに枕の最適な高さは下記画像のA部分の長さを測ります。

標準的な体型であれば3cm〜4cmがボリュームゾーン。体型が異なっても±1cmの範囲でしょうか。

makura02

ただ、素材によっては沈み込みの違いがあります。

頭を乗せる前は同じ枕の高さでも、沈み込みが浅い枕と深い枕では最終的な枕の高さが違う訳ですから、寝心地も変わるでしょう。

  • 中材のもともとの硬さ
  • 中材の使用による劣化

 

これらの条件もあり、枕の高さをずっと維持することは不可能。

枕の高さは大切ではあるものの、こだわり続けても選択肢を狭めるだけだと言えます。

高さを調節出来る枕は「後からどうにでもなる」という安心感で割り切って考えることが出来るため、ある意味親切ですね。

タオルで調節するのはダメなの?

中には重ねたタオルなどで高さを出している人もいるでしょう。

一律にダメとは言いませんが、沈み込みや荷重の分散を研究して作っているウレタンフォーム枕だとおすすめはできません。

なぜならそのままの状態で適切な高さに沈む事を目的として作っているため、それを邪魔する事になるから。

高さ調節が出来るウレタンフォーム枕の場合、同じウレタンで調節パッドを作るなどカサ増しした時の影響も事前に考えられています。

逆に全くそば殻やポリエステル綿などであればタオルで調節してもさほど問題はないでしょう。

 

高さ調節が出来るおすすめ枕

No.3 YOKONE2

YOKONE2(ヨコネ2)は横向き寝に特化した枕「YOKONE」のバージョンアップ版。

既に旧YOKONEは販売終了したのですが、その理由としては「YOKONE2は全てのメリットを手に入れた」点にあります。

旧YOKONEはあくまで横向き寝だけに特化していましたが、YOKONE2からは特殊立体構造で全寝姿勢に対応。

どんな寝姿勢でも「落ち着くポジション」が上手く作られているため、しっくりくる寝心地で枕界の革命児となりました。

加えて旧型にはなかった「硬さを2種類から選べる」や「高さ調節機能」も加わったことで最強枕の名を欲しいままにしています。

価格は約2万円と高性能枕では中価格帯に位置していますが、費用対効果で言えばかなりお得な枕。

【関連記事】YOKONE2が出た!横向き寝の革命枕が驚異のバージョンアップ!

 

No.2 めりーさんの高反発枕

高反発枕として密かにロングセラーを続けているのがモットンジャパンの「めりーさんの高反発枕」

僕も持っていますが、この枕の特筆すべき点は何と言っても「他の枕を寄せ付けない圧倒的な調節自由度」です。

一般的な高さ調節機能は「同素材のシートを追加する」や「詰め物の量を調節する」といったタイプ。

しかし、めりーさんの高反発枕は「スライスされたウレタンシートが枕そのもの」という特殊な構造なのですね。

枕のカバーを空けると、スライスシートが顔を出します。

これがスライスされたウレタンシート。一枚一枚カバーに包まれており丁寧な仕上がり。

枕カバーにはハーフシート(半分のウレタンシート)を入れるポケットもあり、高さ調節で右に出る枕は他にありません。

もはや「セミオーダー枕」の調節が自分でできるような状態であるため「枕を買ったけど合わなかった」が圧倒的に少ないのが高評価の理由。

もちろんカバーや縫製の品質もよく「高品質高機能枕」として申し分ありません。

価格も12,800円と他の製品と比較してお手頃なのも良いですよね。

強いて何か言うならば、形状が極めて普通なので「あまり高機能枕感がない」という所くらいでしょうか。

 

No.1 スリープマージピロー

about-porduct-txt-01

枕一筋50年のASMOT(アスモット)と繊維のパイオニアKURABO(クラボウ)が共同開発した最先端枕「スリープマージピロー」

  • 紫色のレジェンドフォーム
  • 白色のラバリーフォーム

特性の違う2つのフォームが革新的なフィット感を生む、現在ある枕で1番先進的な構造をしている枕だと言えます。

もちろん枕カバーが付いているので画像のような断面は見えませんのでご安心を。

下部のギザギザ部分に付属の高さ調節パッド(フォーム)を付けることで約3cm/約5cmという高さの変更が可能。

特殊な素材であること、フィット感・圧力分散で中がくり抜かれたことによりウレタンのデメリットである蒸れやすさも軽減しています。

素材・加工・縫製まで完全日本製にこだわっているのもポイント。

特に女性からの支持が高く、プレゼントやギフト用途でも選ばれている枕ですね。

価格は約2万円。

 

どれを選べば間違い無いか?

高さにシビアな人は「めりーさんの高反発枕」が最強

高さを変えられるという点では、どれを選んでもだいたい落ち着くポイントは得られると思います。

ただし「あとほんの少し低ければ・・・」というシビアな方も中にはいるでしょう。

そういう希望にドンピシャなのがめりーさんの高反発枕。

もちろん他の2モデルもトップクラスの優秀枕ですが、調節だけで比較すると差が付いてしまいますね。

枕選びの参考になれば幸いです。

 

調節系最強の快眠枕はこちら

1

日本の寝具メーカーとして着実に評価と知名度を獲得しているライズ東京。 当サイト運営者である僕も「スリープマジック」を愛用しており、その快適性は確かなものでした。 そんなライズがこのたび「3周年記念 大 ...

2

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

3

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-寝具,

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.