眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

コラム 寝具

寝る時の扇風機やクーラーは危険?使い方とクール寝具まとめ

投稿日:

夏になると寝苦しい夜が続いて辛いですよね。

そんな時に役立つのが扇風機やクーラー(エアコン)などの家電ですが、こんな噂を聞いたことはありませんか?

「扇風機やクーラーの風を身体に当てて寝ると死ぬ」

この記事ではその真偽について、また「冷房や扇風機に頼らず涼しさを得る方法」について解説します。

扇風機やクーラーを身体に当てながら寝ると死ぬ

身体に良くないものの死ぬほどではない

先に言ってしまえば、日本で扇風機やクーラーの風を身体に長時間浴びせ続けても命に関わることはあまりないそうです。

これはウィキペディアにも解説があるので一部引用してみますね。

扇風機の都市伝説(せんぷうきのとしでんせつ)とは、密閉された空間で扇風機をつけたまま眠ると窒息や低体温症[1]などで死亡するという都市伝説。韓国では広く信じられており、日本でも古くから「扇風機をつけたまま寝ると死ぬ」という類似した話があるが医学的、科学的根拠は全くない。また病気などが無い人が長時間、扇風機の風を浴び続けたが影響は出なかったと言う報告は数多くある[要出典]。いずれにせよ健康体の人間や過労・泥酔などをしない人間には関係のない話である[2]。

引用:Wikipedia 扇風機の都市伝説

なので就寝中の扇風機の使用にはそれほど恐れることはありません。

しかし、黙っていてもジットリと汗をかくような暑さの中、何時間も扇風機やクーラーの風に当たり続けるのは問題です。

汗が風によって蒸発すると共に体温も下がってしまうため、お腹を壊したり気分を悪くする可能性があるでしょう。

 

自分自身、子どもの頃に真夏の暑さに耐えかねて「水に浸したTシャツを着て扇風機の風を浴びる」ということをしました。

最初は涼しくて良かったのですが、後からお腹が痛くなり「身体が冷えたからだ」と言われたことがあります。

つまり、直接扇風機やクーラーの風を浴び続けながら寝るのは死ぬレベルではなくても控えたほうがよいと言えますね。

良質な睡眠を得るために

質の良い睡眠を得るためにはストレスをなるべく感じない就寝環境が望ましいです。

真夏の蒸し暑さ・寝苦しさは大きなストレスですが、扇風機などの風が身体に当たり続けるのもストレスではないでしょうか。

どちらも「やり過ぎ」であり、ちょうどよい加減を知ることが大切です。

 

例えば室内の空気がうまく循環するように風を送ってあげれば、かすかな涼しさを感じられるでしょう。

風を身体に直接当てなければ睡眠中の扇風機やクーラーは何も問題ありません。

寝苦しい夜に目指すべきは「さわやかな夜風が心地よい」と思えるような環境です。

冷房や扇風機に頼らず涼しさを得る方法

自分の身体と接している部分に注目する

真夏の寝苦しさを和らげたい時、多くの人は風を求めます。

風によって汗を気化させて涼を得るという感じでしょうか。

しかし、視点を変えて「睡眠中に熱が溜まりやすいところを対策する」のもおすすめです。

 

それはどこかというと敷布団やマットレス。

暑くて寝苦しい夜って、何度寝返りしても熱が逃げていかないような辛さがありませんか?

敷布団やマットレスに蓄積された熱のせいで寝苦しさが緩和されにくいのですね。

エア系マットレスや冷感敷きパッドを取り入れる

敷布団は綿、マットレスならウレタンがメインとなる素材(詰め物)です。

これらは熱や湿気を溜め込みやすいので、夏には不向きな素材。

そこでおすすめなのが、高反発ポリエチレンファイバー素材を使ったマットレスです。

当サイトでは「エア系マットレス」と呼んでおり、高い通気性と高反発が特徴。

上記画像のように、硬い繊維が立体状に絡み合った素材なので熱や湿気が留まることなくどんどん排出されていきます。

加えて繊維は水を吸わないためお風呂場などで水洗いが可能。

汗をかきやすい夏でも衛生的ですよね。

実際に自分もエア系マットレスを2年ほどメインで使っていたのですが、夏はかなり快適でした。(その代わり冬にこれ1枚だと寒いこともあります)

夏専用の冷感寝具としてエア系マットレスを1枚持っておいて損はありません。

 

このポリエチレンファイバー素材を使ったマットレスはいくつかのメーカーが販売していますが、知名度が高いのは「エアウィーブ」というメーカー。

テレビCMなども行っており知名度はありますが、寝具メーカーの機能性寝具の中では高めの価格帯ですね。

個人的には同じ日本の寝具メーカーであるライズが好きだったりします。

品質面で妥協がないうえ、価格も寝具メーカー品にしてはお手頃。

他にもメーカーはあるので、下記記事も参考にしてみて下さい。

【関連記事】エアウィーヴの類似品はどう?似てるマットレスを集めてみた

 

さらに冷感敷きパッドを組み合わせれば扇風機やクーラー以外のエコな対策ができますね。

即効性でいえばやはりエア系マットレスですが、こちらもあって損はしません。

【関連記事】寝苦しい夜対策!夏におすすめのクールな敷きパッドはコレ!

 

さいごに

寝具での対策が1度で2度おいしい

この記事では「夏の寝苦しさを対策する」という意味でエア系マットレスのポイントを伝えてみました。

しかし、そもそもエア系マットレスは体圧分散性に優れる高反発マットレス。

寝返りしやすく理想的な寝姿勢を維持してくれるマットレスは毎日の睡眠を変えてくれます。

きっかけはどうあれ、これを機に睡眠に気を遣ってもらえてば嬉しいです。

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-コラム, 寝具

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.