眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

いびきの軽減・予防 寝具 部位別

睡眠時無呼吸症候群対策で枕を変える前に

更新日:

a5efacfc2669acafd39b15f05d4407c7_s

睡眠中に無呼吸の時間が発生し、スムーズな呼吸が困難になる疾患「睡眠時無呼吸症候群」

別名SASとも呼ばれますが、発生原因とその対策、寝具改善としての枕について解説したいと思います。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因

-shared-img-thumb-HOTE86_bakusuicyu15233919_TP_V

睡眠中に何度も呼吸が止まることで血中酸素の低下による動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞などのリスクが高まります。

治療せずに放置する事は極めて危険ですが、睡眠時無呼吸症候群には2種類ある事を覚えておきましょう。

<閉塞性>喉や気道が狭くなるパターン

睡眠時無呼吸症候群の9割はこのタイプであると言われています。

喉や気道が狭くなる原因としては、肥満による圧迫が主な理由とのこと。

若い時と同じような不規則な生活や運動不足などが続いて太りだした時が注意ですね。

また、元々の骨格によって同じ肥満でも発症しない人もいるようです。

【閉塞性の簡易的な見分け方】

イビキをかいていたのが突然止まり、またしばらくするとイビキをかくのが閉塞性

<中枢性>脳が呼吸をしなくなるパターン

正確には「脳が呼吸の命令を出さなくなる」のがこちらのタイプ。

何らかの理由で脳が呼吸しようとしないのが特徴です。

原因は様々であり素人が特定するのは危険ですが、およそ心臓機能(心肺機能)が低下したことに関係するようです。

いずれにしても放置して置くことはリスクでしかありません。

対策グッズなどでその場しのぎをするのではなく、病院で診てもらうのが最適な行動です。

睡眠時無呼吸症候群の時に枕が出来ること

7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s

適切な枕で気道を妨げないようにする

自身のタイプが閉塞性であり、狭くなった気道に舌が落ち込むような状態なのであれば下記の対策があります。

  1. 横向き寝にする
  2. 枕を低くする

仰向けだと舌が落ち込みやすくなることと、高さのある枕だと気道が曲がり狭くなりやすいため。

そこで多くの人は「低い枕で横向き寝にすればいいんだ!」と考えるかもしれません。

しかし、横向き寝を低い枕で行うと肩が邪魔になり快適な睡眠とは程遠いものになってしまいます。

そのため横向き寝をするのであれば、それ専用の枕を使うのがおすすめ。

2016-08-22 12.26.05

これは僕が使っている「YOKONE」という枕なのですが、横向き寝にフィットするよう計算した構造になっているのが特徴。

【関連記事】横向き寝促進まくら「YOKONE」が届いたー!

この他にも「高さの調節が出来る枕」であれば低くも高くも出来るため選択肢として良いですね。

【関連記事】高さ調整が出来るおすすめの枕はこれ!タオルで調節はダメ?

ただ、先程も書いたようにまずは病院で受診するようにして下さい。

枕がサポートしてくれる事はあっても枕だけでどうにかなる問題ではありません。

身近にいる人が悲しむ事のないよう、しっかり健康には気を遣いましょう。

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-いびきの軽減・予防, 寝具, , 部位別

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.