眠りを変えれば、未来も変わる

のび睡眠

寝具

1万円以下のおすすめ枕と買う際に注意すること

更新日:

394873

「良い枕が欲しい」と思った時に気になるのは価格。

あまりにも高すぎると躊躇してしまいますよね。

自分に合ってなかったら?と思うとなかなか踏み切れない人もいるでしょう。

1万円以下の枕で注意すること

頭に合えば安い枕でもいいのか

1番大切なことは自分の頭に合っているかどうかです。

いくら高級でも合って無ければ寝心地が悪いのは想像が付きますね。

しかし「なら安い枕でもいいじゃん」と考えるのは早計。

確かに安い枕なら下記のようなメリットがあります。

  • 低価格なので買いやすい
  • 予算内で色々選べる

しかし、デメリットとしては以下が考えられるでしょう。

  • 価格なりの品質でヘタりやすい
  • 性能を維持するために買い替えが増える

寝具は靴と同じく毎日使うもの。

耐久性に乏しい製品だと何度も買い替えをしなくてはなりません。

ヘタっているのを気にせず使い続けると適切な寝姿勢が保てず肩こりや首こりの原因となることも。

 

1万円以下のおすすめ枕

1万円以下で探すとなるとASMOT(アスモット)という日本のブランドがおすすめ。

といっても低価格で人気があるメーカーではなく、価格と品質の良いバランスが支持されているポイント。

枕製造で50年の実績と経験があり、スタンダードな枕から革新的な枕まで幅広く扱っているのが特徴ですね。

ちなみにASMOTの1万円以上の枕はより高性能・ラグジュアリーな雰囲気です。

ネムレール ¥9,504

nemure-ru

アナウンサーであり健康オタクの生島ヒロシ氏を迎えて開発した枕、ネムレール。

生島ヒロシ氏はすごくこだわりが強い方だそうで、枕への希望要望も多かったとのこと。

中材は洗濯耐久性に優れたテイジンのフワリーヌ®を使用し、枕本体の生地にもテイジンのダストップ®SPを使用。

同ブランドの消臭枕同様、特殊繊維の使用と洗濯による臭い予防に力を入れていますね。

しかし、こちらは寝返りや横向き姿勢も考慮しているため万能タイプ、オールラウンダーといった所でしょうか。

リンクルフリーピロー ¥8,023

wrinkle

エステサロンでも導入されている美容枕。

モチっとしながらも適度な弾力性が美しい寝姿勢を維持して睡眠時にできる首のシワを予防します。

単に中材をたくさん入れて膨らませただけにも見えるかもしれませんが、しっかりと首のラインを意図した構造になっています。

丸洗いできるのもポイントです。

消臭枕 ¥8,023

01260935_56a6bf61046cd

枕カバーは株式会社環境浄化研究所が開発したデオレックス®と三菱レイヨン開発のリンダ®を使用。

中材は興人のクリーンスカイ®と徹底的に特殊繊維を用いて消臭効果を高めています。

  • アンモニア99.0%
  • 酢酸99.0%(脂肪酸の一種)
  • イソ吉草酸96.9%(加齢による口臭原因の1つ)
  • ノネナール78.6%(加齢臭の原因と言われる物質)

臭いの原因となる物質に対する消臭効果は上記のようにかなり強力

枕はカバーを頻繁に取り替えても皮脂や汗が枕本体に蓄積して臭いを発します。

本体を丸ごと洗っても効果が持続する特殊繊維は心強いですよね。

スッキリとした朝を迎えられ、相手にも臭いによる不快感を与えません。

枕の高さは5段階から選択可。

ノーストレスピロー ¥6,580

nostress

インビスタ社の高機能寝具用中綿素材のコンフォレル®を使用。

羽毛でもウレタンフォームでもない柔らかさと弾力性を持つ枕は体圧分散に優れています。

スタンダードですが丸洗いも出来て、高さも5種類から選べるのがポイント。

 

愛着が持てる枕選び

枕難民(枕ジプシー)は枕が問題?

なかなかお目当ての枕に出会えず、色々な枕を渡り歩く人を枕ジプシーや枕難民と言うそうです。

この枕難民には2つのタイプがあるでしょう。

  1. 高価格帯も使っている枕難民
  2. 低価格帯のみの枕難民

1番はどのような枕遍歴なのかわかりませんが、自分自身の枕に対するハードルが高くなってしまった故の状況でしょう。

何を使っても「なんか違う」という感覚ですね。

この場合、枕じゃなくて他の寝具や、そもそもの生活習慣に問題があるのでは?と疑ってみて下さい。

 

2番は高価格帯の枕を使う決心が付かないために、低価格帯をぐるぐるしているパターン。

心の中でどこか「あの枕使ってみたいけど高いなぁ」なんて思いながら手を出せずにいるのではないでしょうか?

気持ちの問題に近いですが、それでも思い切って高い枕を使うとぐっすり眠れる事もあるでしょう。

 

自分に合っているかはもちろん大事ですが、愛着が持てる事も同じくらい重要です。

「いい枕買っちゃった!早くこれで眠りたいなぁ!」

そんなワクワクする気持ちが増えたら、自分の寝床が特別な場所になりますよね。

 

例えば、移動だけを考えるなら中古の軽自動車で十分です。

それでもスポーツカーや高級車に憧れるのは走る楽しさや所有感といった「気持ちの良さ」を味わいたいから。

あるいは高級車ならではのエクステリアや安全性を買う人もいるでしょう。

 

「高い枕なんて必要ない」

この意見を否定はしません、枕の本質は「適切な寝姿勢をサポートする」ことです。

しかし「これから毎日気持ちよく眠れる」という視点で見ると、価格が影響する部分も少なくはありません。

ぜひ妥協することなく、自分自身が愛着を持てる枕を見つけて下さい!

1

人生の3分の1は睡眠であるという言葉の通り、いかに良質な睡眠を毎日とれるかによって活動中のエネルギーは大きく変わります。 「高反発マットレスに興味がある」方はきっと下記のような想いがあるのではないでし ...

2

なんだか毎日「寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、肩こり・首こりがひどい」という事はありませんか? そんな時は枕が合っていないのかもしれません。 枕は一度買うと一定期間使い続けますが、長期使用でヘタっ ...

-寝具,

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.