マットレス

3万円以下で買えるおすすめ高反発マットレストップ3

投稿日:

「寝心地の良い高反発マットレスが欲しい」と考えた時、重要になってくるのは予算ですよね。

高すぎるマットレスは無理だけど、だからといって安物だと後悔しそう・・・。

とりあえず3万円以下の選択肢を知りたい!という方へおすすめの高反発マットレスをご紹介します。

おすすめの前にまずは「3万円以下の高反発マットレス」について雰囲気を知っておきましょう。

3万円以下の高反発マットレスの傾向

玉石混交で注意しながら選びたい価格帯

3万円以下だと範囲が広いので「2万円以上〜3万円以下」という価格帯を前提にします。

この価格帯は1万円程度の格安な寝具を使ってきた人にとって「ちょっとお高い寝具」に位置する価格と言えるでしょう。

大手量販店やホームセンターなどで格安製品と比較対象にされ、さも「こちらの方がワンランク上!」なんてアピールをされていたりもします。

あるいは有名寝具メーカー品を対象にして「この寝心地でこの価格!」なんて売り方も多いですね。

つまり中間ポジションに位置している価格なのです。

  • 寝具にあまりこだわってなかった人にとっては「少し高い」

  • 寝具にこだわりがある人にとっては「安い」

実際この価格帯には寝具メーカー以外のメーカー(有名無名問わず)からも数多く高反発マットレスが出ています。

「とりあえず高反発マットレスの需要を押さえておけ」と言わんばかりにラインナップしている感もありまさに玉石混交。

 

逆にシングルサイズで3万円以上だと「このくらいなら出せるかな〜」という予算を超えてしまう人も多いでしょう。

しかし、このラインを境に寝具メーカーの主力製品が増えてくる印象です。

個人的にはそのラインを超えた方がハズレを引くことが極めて少ないと思っているのですが、予算最優先で考えると抜け出すのは容易ではありません。

3万円以内で買えるマットレスの品質や耐久性・寝心地は?

先に言ってしまえば「メーカーやその製品(モデル)による」というのが答えです。

良い製品もあれば、当然ながら悪い製品もあるでしょう。

マットレスは身体全体を支える寝具ですから、個人差もありますからね。

 

僕自身、昔は全然寝具に興味がなかったので過去に3万円以下のマットレスが当たり前でした。

その時はたまたまなのかもしれないですが、耐久性の部分で「どれもまぁ価格相応だったな」という感想です。

半年や1年使うと腰のあたりが沈み込みやすくなったり、ヨレた感じが出やすい。

それでも敷布団やマットレスって酷使しても靴底のように削れたりしませんから、ヘタレても使い続けられるので当時は気にしていませんでした。

今は身体や睡眠の事を一番に考えているので正直な気持ちを言えば「あまり(3万円以内で)選ぼうとは思わない」です。

 

ただ、誤解してもらいたくないのは「価格が安いから全部ダメ、高ければ高いほど良い」ではないということ。(限度はありますけどね)

個人的に価格の高い方に関しては「大体どれを選んでも品質はバッチリ。後は寝心地の好みでしかない」と考えています。

 

3万円以下の高反発マットレスおすすめトップ3

【1st】ライズ スリープマジック

シングルサイズ:39,990円 ⇒ 27,990円(税抜)

実はライズのスリープマジックは定価が39,990円であり、初っ端からイレギュラーな感じを出してしまいました。

というのも現在セールを行っており税抜き3万円以下になったので「これも3万円以下でいいだろ!」と。

ライズと言えば日本の寝具メーカーであり、まだ歴史は浅いもののアスリートなどと共同開発している寝具は評価が高くお手頃。

僕もこのスリープマジックを持っていますが、しっかりと身体を支える硬め寝心地の高反発マットレスとして非常に優秀です。

【レビュー記事】ライズの高反発マットレス!スリープマジック購入レビュー

【2nd】マニフレックス メッシュウィング

シングルサイズ:31,350円 ⇒ 28,214円(税抜)

ライズに引き続きマニフレックスでもすみません。

こちらも通常だと3万円を少し超える価格なのですが、未開封未使用アウトレットだと税抜き3万円以下になります。

マニフレックスと言えば品質もブランド知名度も世界レベルの名ブランド寝具。

硬すぎずも沈み過ぎない程度な寝心地はプロスポーツ選手でも愛用者が多くいるとのこと。

サッカーの香川真司選手や野球のアレックス・ラミレス監督も愛用者として公式サイトに記載されていますね。

この手のものはイメージキャラクター的な契約があるのでしょうけど、そうではなくてもプロ選手でマニフレックスを使っている人は多そうなイメージです。

ちなみに僕もマニフレックスの「イルマーレウィングマットレス」とベッドを所持しており、他のマットレスと入れ替え入れ替え愛用しています。

(イルマーレウィングは両面で違う硬さになっているタイプ、メッシュウィングは両面同じ硬さのタイプ)

マニフレックスは10年保証もあり寝心地も安定して良いのでおすすめしやすいですね。

【3rd】ヤーマン オクタスプリング

シングルサイズ:58,000円 ⇒ 19,800円(税抜)

最後は少し悩んだのですが、ヤーマンの「オクタスプリング」を選出してみました。

従来のマットレスは、「金属スプリングタイプ」と「ウレタンフォームタイプ」の2種類でした。

金属スプリングは、通気性に優れている反面、金属の硬さと圧迫感が、快眠の妨げになることが難点。ウレタンフォームは、体を優しく支えるものの、通気性が悪く熱と湿気がこもり、ムレることが悩みでした。

そこで、マットレス開発の権威であるウィリー・ポッペは、ウレタンフォーム製のスプリングを開発。スプリング形状による通気性の良さと、ウレタンフォームの優しいサポート力を同時に実現する、全く新しいマットレス『オクタスプリング』が誕生しました。

引用:https://www.ya-man.com/products/octaspring/lp/

上記にある通り、オクタスプリングはマットレス内部に無数のウレタンスプリングを使っているのが特徴。

適切な体圧分散と通気性を両立しているのですが、個人的に耐久性の面で少し不安が残ります。

とはいえ、この製品はヤーマンが販売しているだけで製品自体は「ドルメオ」という寝具メーカーの技術によるもの。

 

価格は正直なところ19,800円じゃなかった時を知らないのですが、使って損はない製品だと思いますね。

ですが、厚み7cmとはいえ床や畳に1枚で敷くと底づきするというレビューを見たこともあるので、このあたりは要検討。

【関連記事】ヤーマンのオクタスプリングマットレス口コミ評判への感想

 

さいごに

「あと数千円!」で選択肢が広がる

これを言い出すとキリがない訳ですが、個人的に3万円のボーダーラインは結構重要です。

あと2,3千円追加で何年も快適に使える寝具が手に入ると考えれば、予算最優先の選択は必ずしも満足できる結果にはならないでしょう。

とはいえ、ライズやマニフレックスといったメーカーも微妙に手が届く範囲である3万円。

マットレス選びの参考になれば幸いです。

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!
1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-マットレス

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.