敷布団 腰の負担軽減

「敷布団とベッド」腰への負担が少ないのはどっち?

更新日:

腰を痛めると辛いのが毎日の寝起きではないでしょうか。

現在床や畳に布団を敷いている人であれば、毎日上げ下げするのも一苦労ですよね。

「ベッドを買った方が楽かなぁ」と思う人も多いでしょう。

そこで、敷布団とベッドで腰への負担が変わるのか?を考えてみたいと思います。

布団とベッドの違い

ベッドは床までの高さがある

当然ですがベッドは床からある程度高さがあります。

そのためベットの外に足を投げ出しながら身体を起こす事が可能。

布団だと膝を立てて「エイッ」と起き上がる必要がありますから、腰への負担になるでしょう。

しかし、腰への負担を抑えた起き上がり方がちゃんと存在します。

このように一度うつぶせの状態から起き上がる習慣を付ければ布団でも楽になりますね。

また、ベッドは転落防止のサイドガード付きを選ばないと落ちた時に大変です。

起き上がる際の手すり代わりにもなるため必ずチェックしておきたいポイント。

ベッドは布団の上げ下げをしなくて良い

ベッドであれば湿気が下から放出されるため敷きっぱなしにしてもカビません。

敷布団だとカビてしまうために毎日上げ下げが必要となり、腰を労りたい人にとって意外と大変な作業ではないでしょうか。

しかし、敷布団はベッドのように場所を取らないのでスペースを有効的に使えます。

ベッド下に溜まるホコリを気にする事もありません。

敷布団の湿気カビ問題については個人的に答えが出ており「エア系マットレス」を使う事で対策できます。

エア系マットレスとは上記のような高反発ファイバーが中材になっているマットレスですね。

これを敷くことでマットレスと床面の間に湿気の滞留を防ぎカビが生えにくくなります。

個人的に万年床でこのマットレスを使っていた間は一切カビに悩まされませんでした。

【関連記事】万年床でもカビないマットレスはエア系がおすすめの理由

また、高反発ファイバーなので身体が沈み込みすぎず寝返りが打ちやすいのも良かったですね。

リクライニング機能のあるベッド

ベッドには電動リクライニング機能がある製品もありますよね。

これなら自分の力を使わずにリモコン1つで上体を起こせるため、腰への負担は軽いでしょう。

考慮すべき点としては製品による品質の差が大きいこと。

リクライニングベッドに問わず普通のベッドもですが、価格差が品質に反映されやすいです。

「安かったから」と無名メーカーの製品を買うとマットレスがすぐにヘタったり、リクライニング機構に不具合が起こる可能性もゼロではありません。

もちろん有名メーカー製のベッドも不具合が起こることはあるでしょう。

しかし、それなりの価格の製品はちゃんと保証が付帯してくるため安心なのです。

電動ベッドを買うのであれば介護ベッドで圧倒的な支持を誇る「パラマウントベッド」が一番安心できるメーカーですね。


【7/14〜7/21限定!エントリーでP10倍】【電動ベッド リクライニングベッド 介護 ベッド シングル マットレス付き】パラマウントベッド 楽匠Zシリーズ3点セット/ベッド レギュラー KQ-7331 サイドレール KS-161Q スリムストレッチマットレス KE-771SQ

 

睡眠中の腰への負担

床寝もベッドも寝具(マットレス・敷布団)の品質による

先程は起き上がる時の負担や布団の上げ下げについて比べてみましたが、ベッドの方が若干優位という感じでしょうか。

次は睡眠中の腰への負担を考えてみたいと思います。

この部分については布団もベッドも共通して「おおむね寝具(マットレス)の品質による」という結論。

何年も使って腰の部分がヘコんだようなマットレスや敷布団では腰に負担がかかります。

また、腰がグッと沈み込むようなマットレスも避けたいですね。

腰への負担を考えるなら、一晩中身体を預けるマットレスや敷布団を変えた方が得策だと言えます。

 

ただし、ベッドは1万円程度で買えるパイプベッドや折り畳みベッドは変形し易いためおすすめしません。

腰のためにベッドを使うなら品質の高いベッドフレームとマットレスの両方が必要ですね。

自分は色々なマットレスを使っていますが、マニフレックスのベッドとマットレスの組み合わせが結構好きです。

どちらも3万円〜くらいであるものの、保証の長さや品質(寝心地)には定評があります。

重視すべきは睡眠中の腰への負担

朝、腰に優しく起き上がりたい人はいますが、それ以上に睡眠中の腰に優しい方がよいです。

なぜなら、一般的な成人で大体6時間〜8時間の睡眠を摂るから。

寝起きで起き上がるのに5分もかかりませんが、睡眠には数時間を費やしている訳です。

これが一週間、一ヶ月、一年間と続くとどうでしょうか。

かなりの時間、腰に負担をかけ続けているのがわかると思います。

 

最後に

日中・就寝中と全体で対策を

「腰のためには布団かベッドか」と、ついつい起き上がる事だけを考えてしまいがちです。

しかし、腰のためには日中の生活動作に加え、睡眠中にも気を使わないとなりません。

「24時間でどれだけ腰に負担の掛かる時間を減らせるか」

このように考えながら、生活習慣や寝具環境を整えていくと良いでしょう。

下記記事も参考になれば幸いです。

ネミー
シェアしてもらえると励みになります。嬉しい!

腰痛対策マットレスモットン

〜 敷布団からの乗り換えなら 〜

高反発マットレスは色々あるものの、敷布団からの買い替えなら腰痛対策マットレス【モットン】が人気。

僕も長らく愛用してますが、ヘタる様子もなくしっかり身体を支えてくれるので寝起きの調子も良好です。

【レビュー記事】腰痛対策マットレスモットンを1年間使ってみた口コミ評判

1

良いマットレスが欲しいけど、メーカーや選び方がよくわからない。おすすめはどれ? 一口にマットレスといっても多種多様な製品が存在していてわかりにくいですよね。 この記事では「最低でも5年〜10年は理想的 ...

2

よく眠れる安眠枕が欲しいけど、素材や種類がたくさんあって選べない。おすすめはどれなの? そのような人は数多くおり、かつて自分もそうでした。 この記事では「後悔しない快眠枕を見つけるための3つの質問」と ...

-敷布団, 腰の負担軽減

Copyright© のび睡眠 , 2018 All Rights Reserved.